現役CAが解説!海外旅行時(国際線)の機内持ち込み・手荷物について分かりやすく解説

空港の預け手荷物

飛行機に乗る際、機内に持って入れる荷物とそうでない荷物があるのを知っていますか?

「手荷物検査の時に荷物を没収されてしまった!」
という話を知人などから聞いたことがあるかもしれません。

機内に持ち込めるものなどは細かく決められおり、国内線・国際線によっても違うため混乱してしまいがち。

とくに国際線だと海外に行くこともあり、より厳密にルールが決められているので、とてもわかりづらいです・・・

そんな国際線の機内持ち込みについて、分かりやすくまとめました!

また、実際にどんなものを手荷物として持ち込むのがいいのか?と悩んでしまうと思います。
なので、筆者がおすすめする機内持ち込み手荷物の中身も紹介します!

▼もくじをクリックすると読みたいところにスキップ!

飛行機(国際線)の機内持ち込み手荷物のキホン

機内に持ち込める手荷物には制限があり、国内線と国際線でちがいます。
たとえば、国内線を利用するときはペットボトルを持って入れますが、国際線を利用するときは持って入れることができません。

実は国内線と国際線では規定がことなり、国内線に比べて国際線は基準が厳しいのです。

国際線の荷物について、以下の2パターンに分けて説明します。

  • 機内持ち込み:NG・受託手荷物:NG
  • 機内持ち込み:OK・受託手荷物:NG

機内持ち込みというのは自分の身と一緒に持っていく荷物であり、受託手荷物というのは飛行機の荷物入れに入れるため自分の身から離れる荷物です。

機内持ち込みNGであり、受託手荷物もNGなもの

以下のような危険物は機内にも持って入れませんし、預け入れもできません。

  • 爆発の恐れがあるもの
    火薬類(花火、クラッカー、弾薬など)
  • 毒性のあるもの
    毒物類:殺虫剤、農薬など)
    ガス類:カセットコンロ用ガス、ダイビング用ボンベ、スプレー缶、ライター用補充ガスなど)
  • 引火性液体
    オイルタンク式ライター、オイルライター用燃料、ペイント類など
  • 可燃性物質
    マッチ、墨など
  • 酸化性物質
    小型酸素発生器、漂白剤、瞬間冷却剤、酸素スプレーなど
  • 腐食性物質
    液体バッテリー、水銀、加熱式弁当など
  • 有害物質
    エンジン、リチウムバッテリー、ミニセグウェイなど

上記のようなものは、地上では何てことないものでも、飛行機の中では危険物になってしまう可能性があったります・・・
仮に持ち込めてしまったら、大問題になりかねないですよね(苦笑)

ちなみに、上記に当てはまりそうでも、機内持ち込み可能であるものがあります。
可能医療用の酸素ボンベや、容量が160Wh未満のリチウムイオン電池です。

機内持ち込みはOKだけど受託手荷物はNGなもの

預け入れはできないけれど、機内には持って入れるものがあります。

喫煙用ライターやモバイルバッテリー、電子機器類です。

喫煙用ライター

喫煙用ライターについては、液体ガスライターや綿状の吸収材に燃料を吸収させて保持するタイプのライターなら1人につき1つまで機内に持ち込むことができます。

わかりやすく言えば、赤い炎のタイプのライターは持ち込むことができて、青い炎のタイプのライターは手荷物にも持って入れませんし預け入れもできません。

機内持ち込みでのライター

炎の色の違いで持ち込み可能かどうかを覚えておくとわかりやすいかと思います!

また、機内に持ち込んだライターは自身で身に着けておかなければなりませんので、カバンなどには入れずにズボンのポケットなどに入れるようにしましょう。

モバイルバッテリー

モバイルバッテリーについては、ノートパソコンやビデオカメラなどの電子機器類は電源を完全にOFFにすれば、預け入れ荷物として預けることができます。

しかしモバイルバッテリー単体では預け入れ荷物として預けることはできません。

機内持ち込み(モバイルバッテリー)

モバイルバッテリーはかならず手荷物に入れるようにしましょう。
GoProやカメラなどのバッテリーなどは意外と盲点なので注意が必要です!

ところで、リチウム金属電池は、1個あたりのリチウム含有量が2グラム以下のものに限り、リチウムイオン電池はワット時定格量が100Wh以上160Wh以下のものは2個まで、100Wh以下のものは個数の制限なく機内に持ち込むことができます。

最近ではポケットWi-Fiを持参する方も多いと思いますが、こういったWi-Fiのバッテリーも同じ規定になります。
予備のバッテリーを持っていくときには、うっかりスーツケースに入れてしまわないように確認しましょう。

サイズや重さの制限について

機内手荷物とは別にもう1つ機内に手荷物(身の回り品)を持ち込むことができます。

細かいサイズや重さなどは航空会社によって異なってきますが、だいたいの制限は以下のとおりです。

  • 手荷物のサイズは3辺の合計が115cm以内
  • 手荷物の重さは会社によって幅がありますが大体15kg以内

これだけではイメージできませんよね。
カンタンにいうと、手荷物のかばんとは別にもう1つカバンを機内に持って入れるということです。

大きさ、重さの規定は機内持ち込み手荷物と同じです。

ハンドバック、ブリーフケース、ノートパソコン用 バック、リュックサックなども身の回り品に含まれます。

特別大きい手荷物ではない限りはとくに重さを量られたりはしませんが、小さいスーツケースを機内に持ち込むときには重さや大きさを計られたりしますので十分気をつけましょう。

またお子様と一緒に旅行する方は、チャイルドシートやベビーシート、ベビーカーなども機内に持ち込めます。
ただし、これらの荷物が頭上の収納棚、または前の座席の下に収納できることが必須となります。

飛行機の頭上の収納棚

また、機内持ち込み手荷物と身の回り品手荷物とは別に、入国審査の後に免税店で購入したものなどは機内手荷物や身の回り品手荷物には含まれません。

なので、機内持ち込み手荷物、身の回り品とは別に機内へ持って入ることが可能ですよ!
具体的には、免税店でお土産にお酒などを買ったときなどです。

【大切】国際線の液体物の持込み制限について

国際線を利用するとき、一番気になるのは「液体物」についてだと思います。

国際線の液体物の持込み制限

航空会社ごとに違いはなく「航空法」によって定められており、世界共通なので、この記事さえ読めばカンペキです!

さきに結論をいうと、100mL以下の容器に入れて1L以下の以下のジッパー付き透明プラスチック袋(縦20cm 以下×横20cm 以下)に入れることで、1人当たり1つまで機内に持ち込めます。

液体類の機内への持ち込み方

100mL以下の容器というのは、そのことば通り100mL以下の容器(透明じゃなくてもOK)を使わなければならず、容器自体は500mlのものだけれど中身が100ml以下になっているものはNGです。

なので無くなりかけの化粧水を機内で使おうと思って持ってきても、容器が大きく手荷物検査で没収されてしまい機内に持ち込めないってことも・・・。
なので、100円ショップなどに売っている小さな容器に予め移してから持ってくるようにしましょう。

ちなみに、化粧品や飲料など受託手荷物だと制限なく預けることができるので、機内で必要ないものはスーツケースに入れて預けてしまったほうがいいかもしれません。

液体類っぽくないけど液体類であるもの

その他に液体物と見なされるものは

  • シャンプー
  • リンス
  • トリートメント
  • 化粧水
  • 乳液
  • コンタクトの液
  • ファンデ ーション
  • マスカラ
  • 日焼け止め
  • 歯磨き粉
  • ヘアワックス
  • 香水
  • ハンドクリーム
  • 目薬
  • ジャム
  • 修正液
  • 万年筆のインク

などです。

ボールペンやウェットティッシュなどは液体物にはなりませんので機内へ持ち込むことができます。

またプリン、ゼリー、バター、 漬物など一見液体物ではなさそうなものも、液体物として見なされることがあるので注意しましょう。
とくにフランス・アメリカ・オーストラリア発の便は、こういった液体物の基準がとくに厳しいので、より一層注意が必要です。

液体類だけど制限がないもの

ところで、液体類すべてが制限対象ではありません。
たとえば赤ちゃんのミルクやベビーフード、医療品(喘息のスプレーなど)は、袋に入れなくても乳幼児同伴であれば持ち込めます。

医薬品の場合、処方薬は処方箋や病名がわかる診断書などの提示を求められることがありますので、一緒に持参するようにしましょう。

入国審査後なら上限なく液体類の持ち込みができる

液体類のチェックがあるのは保安検査場というところであり、そこで機内持ち込みの荷物をチェックし、そのまま出国の手続きをします。

保安検査場

出国手続きをしたあとはすぐ飛行機に乗るわけではなく、コンビニなどのショップや免税店で買い物をしたり、空港ラウンジなどでくつろぐことができます。

出国手続きをするともう飛行機搭乗まで手荷物検査がないので、上限なく飲み物も機内に持ち込めます。

しかし乗り継ぎがあるときには注意です。

飛行機によっては機内免税品で買った100mlを超える液体物はセキュリティバックという袋に入る必要があるのです。
セキュリティバックに入れた状態で開封していなければ、乗り継ぎ便で機内持ち込み手荷物として持ち込むことが可能ですが、セキュリティバックに入れていないと没収される可能性もあるので注意です。

国際線の乗り継ぎがあるときの手荷物に関する注意点

もしも、フランス→クアラルンプール→日本というように海外で乗り継ぎがあるときには、少しだけ注意が必要です。

たとえばフランスで出国手続きを済ませたあとに、免税店にてお土産としてワインを買ったとします。

国際線の乗り継ぎがあるときの手荷物に関する注意点

無事フランスを出発し、経由地のクアラルンプールに到着すると再度荷物検査があります。

このとき、100mL以上のものは持ち込めないので、どうなってしまうのでしょうか?!

結論としては持ち込むことができるのですが、条件があります。
それはセキュリティバックという袋に入れた状態で開封していない場合です。

空港免税店などでお酒などを買うと、セキュリティバックが必要か聞かれるはずです。
もしも乗り継ぎがある場合には、ぜったいにセキュリティバックに入れてもらい、開封しないようにしましょう!

ちなみに、せっかく買ったものを没収されないために、機内免税品の購入は乗り継いだ後の最終目的地に向かう飛行機で買うのもいいかもしれません。

たとえば、フランス→クアラルンプール→日本ならクアラルンプールです。
とはいえ、フランスで買わないとお土産にならないので、あまり現実的ではないですが・・・(笑)

各航空会社の預け荷物・機内持ち込み手荷物についての詳細ページ

もしも不安な場合には、公式サイトを参考にしてください(航空会社名をクリックすると公式サイトへ移動します)。

【おまけ】筆者の機内持ち込み手荷物の中身

さいごに、実際に筆者が機内に持ち込む手荷物の中身を紹介します。

機内で必須・活躍するもの

  • パスポート
  • 現金
  • スマホ
  • ボールペン
  • イヤホン
  • モバイルバッテリー
  • パーカー
  • コンタクトレンズケース
  • アイマスク
  • むくみ対策のフライトソックス
  • 常備薬(頭痛薬など)
  • Kindle
  • カメラ(その他、電子機器)

乗り継ぎの空港で活躍するもの

  • 歯ブラシ
  • 化粧品
  • フェイスタオル(ハンカチ)
  • 変圧機能付き電源タップ
  • マルチ変換プラグ

ロストバゲッジのときに活躍するもの

  • 最低限の洋服
  • その他、旅行に必須なもの(例:ガイドブック)

まとめ:海外旅行のときは飛行機の荷物に注意!

以上、国際線の手荷物についてでした!

国際線は国内線に比べて規定や制限が厳しいです。

ここだけの話、手荷物検査をする人によって、前回は持ち込めたのに今回は持ち込めなかった、といったことも起こります。
実際そういうことは多々あります。

どの検査員に確認されても大丈夫なように最低限のルールは把握しておきましょう!