外貨両替の完全ガイド!海外旅行時には金券ショップ&クレジットカードの活用が最強

外貨両替

海外旅行に行くとき、お金をどうしたらいいのか悩みますよね。

「日本円から外貨への両替するにも、日本ですべきか、海外ですべきか」
「そして日本でするにしても、銀行なのか、空港なのか・・・」

両替は日本でも現地でもできますが、できるだけ手間をかけずにお得な方法で両替したいと思いますよね。

そこで今回は日本円を両替して外貨を得るのにオススメな方法を中心に紹介します。

ここでは、アメリカへ行く場合の米ドルの両替の方法を例に出します(他の国でも両替事情はほぼ同じです)。

結論:外貨両替では日本の金券ショップがお得

今回徹底的に調査した結果、日本の金券ショップが1番レートがよく、お得に外貨を得られることがわかりました。

種類レート
5万円分
順位
日本銀行448ドル
空港の銀行の
外貨両替ショップ
449 ドル
金券ショップ456ドル
外貨宅配450ドル
海外空港381ドル
銀行447ドル
街の両替所440ドル
ホテル380ドル

海外で両替するのはお得ではないのが顕著ですね・・・!
また、日本の空港で両替するのも避けましょう。

また、今回は比較対象にしていないですが、実はクレジットカードのキャッシングが外貨を得るのに一番お得です。

外貨を得るには、海外の現地キャッシングが一番お得

上記の表で一番お得だったのは、日本の金券ショップでの両替です。

しかし、実はもっとお得に外貨が得られるのが「クレジットカードを使った海外キャッシング」です。

海外でのキャッシング

日本の金券ショップでの両替は、手数料が開示されいないですが、おおよそ1ドルあたり2.5円ほどであり、50,000円を両替すると手数料は1,100円(分かりやすいように、1ドル=100円で計算します)

それに対してクレジットカードを利用した海外キャッシングの場合を考えてみます。

年利18%で30日後に返済と仮定すると・・・

  • 50,000円×0.18÷365日=24.7(1日あたりの利息)
  • 24.7×30日=739円(30日間の利息)
  • ATM手数料216円+739円=約955円

合計で960円ほどの手数料です。
ちなみに仮に1週間で繰上げ返済したら390円ほどです。

金券ショップでの両替と比較すると、1ヶ月後に返済した場合ですらお得。

さらに、クレジットカードのキャッシングの場合だと、大金を持ち歩かなくてよくて安全性も高いです。

ちなみに海外だと現金を持っていると狙われる対象になるので、治安が悪い国ほど、キャッシュレス化が進んでいたりします。

なのでぜひ海外キャッシングも活用してくださいね!
海外キャッシングについては「海外のお金の調達はキャッシングがもっともお得」にまとめていますので、参考にしてください。

海外ATMでキャッシング 海外旅行ではキャッシングがお得&安全で活躍!もしも銀行や両替所だと損してるかも・・・?!

海外旅行時にお金を両替する3パターン

両替をする場所や方法により換算レートや手数料が変わります。

①日本で両替する

米ドルは日本で両替していくのがお得。

銀行や外貨両替専門店、金券ショップのほか、オンラインで申込み自宅へ送ってもらえる外貨宅配などの方法があります。

また出発当日でも、空港にある両替所や両替機で両替できます。

両替するときのコツを紹介します。

たとえばアメリカのお札は1ドル、5ドル、10ドル、20ドル、50ドル、100ドルがあります。

ただ、50ドル札や100ドル札は小さなお店やタクシーなどでは使えないことがほとんどです。
「20ドル以上のお札はお断り」というお店も少なくありません。

日常的にクレジットカードでの支払いが主流のアメリカでは、高額紙幣で支払う習慣がないためです。

チップやバス代なども1ドル札が便利ですので、できれば1ドル、10ドル、20ドル札を多めに持っていくことをおすすめします。

1.銀行

たとえばみずほ銀行の場合、外貨両替をあつかう店頭窓口のほか、両替を専門におこなう「外貨両替ショップ」が都内に5ヵ所あります。

なので、みずほ銀行に口座がなくても大丈夫です。

現金を持参すれば両替できます。そのほか外貨自動両替機が使える支店やATMコーナーもあります。

みずほ銀行の店頭窓口での6月18日の両替レートは、1ドルが111.57円。5万円を両替すると448ドルです。

店頭窓口で両替する場合、ドル紙幣はパックで用意され「100 ドルパック」「200 ドルパック」「300 ドルパック」「500 ドルパック」「1,000 ドルパック」の 5 種類から選べます。

両替金額が10万円程度までであれば身分証明書の提示は不要です。

>>みずほ銀行の店舗検索はこちら

ちなみに、店頭窓口よりもお得なレートで両替できるのが、みずほ銀行の外貨両替ショップ。

みずほ銀行の外貨両替ショップ

レートが30銭安いレートで両替できます。

6月18日のレートは、1ドルが111.27円。5万円を両替すると449 ドルです。

両替ショップ使うメリットはレートが安いだけでなく、バラ紙幣で両替できること。
パック売りと違いドル札の金種や枚数を好きなように選べるので、少額紙幣を多めにすることができます。

>>みずほ銀行の外貨両替ショップ

ほとんどの両替ショップは銀行が閉まる平日午後3時以降や土日祝日も開いているので、仕事帰りや週末でも利用できます(年末年始・ゴールデンウィークは休み)。10万円までの両替なら身分証明書や書類の記入は不要です。

また、みずほ銀行の外貨両替ショップと外貨自動両替機は成田空港と羽田空港にもあります。

みずほ銀行の外貨両替ショップ(空港)

空港で両替する場合は時間に余裕をもって空港へ行きましょう。時期や時間帯によっては窓口が混雑していることも多いです。

空港場所
成田
空港
出国審査前第1ターミナルビル1階
第2ターミナルビル3階
第3ターミナルビル1階
第3ターミナルビル2階
出国審査後第1ターミナルビル北
ウィング3階サテライト
羽田
空港
出国審査前国際線旅客ターミナルビル1階
国際線旅客ターミナルビル2階
国際線旅客ターミナルビル3階
出国審査後国際線旅客ターミナルビル3F
(出国免税エリア内)

2.金券ショップ

外貨両替のできる金券ショップもあります。

まれにドル札の在庫が少なくなり希望通りの金種が揃わないこともあるようです。多額の両替でなければ身分証明書の提示は不要です。

  • 大黒屋 (新宿南口)
    6月19日のレートは、1ドルが110.04円。5万円を両替すると454 ドルです。
  • 外貨両替ドルレンジャー (新宿西口)
    6月19日のレートは、1ドルが108.74円。5万円を両替すると459 ドルです。
  • 金券ショップチケッティ(錦糸町)
    6月19日のレートは、1ドルが109.56円。5万円を両替すると456 ドルです。

*店舗によってレートは変わります。

3.外貨宅配

自宅にいながら外貨を受け取れる、外貨宅配サービスもあります。

ゆうちょ銀行のほかGPA、外貨両替ドルユーロといった外貨両替専門店、大黒屋などが扱っています。

お店まで行かずに家や自宅で外貨の受け取りができれば、旅行前の貴重な時間の節約にもなるので便利ですよね。

両替レートだけでなく手数料や送料の有無、申し込んでから何日くらいで届くのかなども確認しないといけないですね。

▼成田空港グループのGPA

6月18日のレートは、1ドルが111.06円。5万円を両替すると450 ドルです。

手数料、送料ともに無料。

インターネットで申し込むと翌営業日の発送で郵便局から一般書留で送られます。受け取る時に配達員に現金で両替金額を支払います。3万円から両替できてお札の種類を指定できます。

▼外貨両替ドルユーロ

6月18日のレートは、1ドルが110.76円。5万円を両替すると451ドルです。

手数料無料、10万円以上であれば送料も無料(10万円未満の場合は送料400円)。

支払いは銀行振り込みが利用できます。発送は平日のみで午後3時までに着金が確認できればその日のうちに発送。お札の種類は指定できません。

▼ゆうちょ銀行

6月18日のレートは、1ドルが111.54円。5万円を両替すると448ドルです。

手数料、送料ともに無料。ゆうちょ銀行の総合口座およびキャッシュカードを持っていれば利用できます。

平日午後2時より前の注文は当日発送。休日の注文は翌営業日に発送。3万円から両替できますがお札の種類は指定できず、パックでの購入となります。

②海外で両替する場合

到着した空港内の両替所が便利ですが、街の両替所や銀行、ホテルなどでも両替ができます。

海外の空港の両替所-min

ただ日本での両替に比べるとレートはあまりよくなく、手数料の支払いが必要な場所もあります。

1.空港

ロサンゼルス空港には「Currency Exchange」という両替所があります。

6月18日の両替レートは、1ドルが131円で、5万円を両替すると381ドルです。そのほか両替額の大小にかかわらず1回の両替につき9.95ドルの手数料がかかります。

2.街の両替所

ロサンゼルス市内の両替所は空港の両替所に比べるとレートは良いです。手数料を取らないところもあるので、現地でどうしても両替が必要になった時はこういった両替所の利用をおすすめします。

  • LA Currency
    6月18日の両替レートは、1ドル111.85円 。5万円を両替すると447ドルです。手数料なし
  • Foreign Currency Exchange
    6月18日の両替レートは、1ドル111.43円。5万円を両替すると448ドルです。手数料なし

3.銀行

街の中にある銀行では、口座を持っていないと両替できないところが多いです。

  • Wells Fargo
    6月18日の両替レートは、1ドルが111.11円。 5万円を両替すると450ドルです。
  • Union Bank
    6月18日の両替レートは、1ドルが116円。 5万円を両替すると431ドルです。

どちらの銀行も口座を持っていれば両替はできますが、手持ちの外貨がない場合もあるので、まずカスタマーサービスに連絡をして通貨を用意してもらう必要があります。

いずれにしても、短期の海外旅行で利用するのは難しそうです。

4.ホテル

ホテルの外貨両替サービスは、そのホテルに宿泊していれば利用できます。

ただレートは良くないですし両替限度額も低いのが難点。
どうしても現金が必要な時にとりあえず宿泊ホテルで少しだけドルに換えるという使い方がいいかもしれません。

  • ミヤコハイブリッドホテル(ロサンゼルスにある日系ホテル)
    6月18日の両替レートは1ドルが131.57円。 5万円を両替すると380ドルです。両替できる金額は1万円まで。

余談ですが、ロサンゼルスのお隣ラスベガスではカジノの中にあるキャッシャー(換金所)で両替ができます。
レートは表示されていませんが、両替したいとスタッフに言えば教えてくれます。

銀行に比べたら多少良いレートで手数料はなし、しかも24時間利用できるラスベガスならではの便利な両替所です。
ただしこれはギャンブルのためのサービスなので、21歳未満の人は両替できません。

アメリカ国内の両替で使う換算レートは、1円が何ドルになるのかを表しています。

たとえば、換算レートが$0.0076となっていたとき、両替したい日本円が5万円であれば、50,000円x0.0076=380ドル となります。

慣れないと一瞬頭の中が真っ白になってわかりづらい!

この記事ではわかりやすくするために、海外で両替の場合も日本と同じように1ドルが何円になるかという書き方をしています。

おまけ:クレジットカードでキャッシングする

両替ではありませんが、クレジットカードのキャッシング機能を使って、海外のATMから現地通貨を引き出す海外キャッシングという方法もあります。

海外ATMでキャッシング

海外キャッシングは金利手数料が発生しますが、短期間の旅行なら日本に帰国してからすぐに返済すれば、両替に比べて手数料を安くおさえられることが多いです。

海外キャッシングについては「海外のお金の調達はキャッシングがもっともお得」にまとめていますので、参考にしてください。

海外ATMでキャッシング 海外旅行ではキャッシングがお得&安全で活躍!もしも銀行や両替所だと損してるかも・・・?!

海外旅行なら金券ショップで両替するのが1番おトク&便利!

海外のお金の調達はキャッシングがお得

レートを調べた時点で1番おトクだったのは、ダントツで金券ショップの外貨両替(外貨両替ドルレンジャーの459 ドル)です。

都内は店舗数も多く自宅や職場に近ければ、前を通るだけで両替レートの確認も簡単にできるのが便利ですよね。

とはいえ、国内で5万円を両替する場合、1番レートの低いみずほ銀行の窓口やゆうちょ銀行の外貨宅配448ドルと比べて、その差は11ドル。

お店まで行く交通費や時間と照らし合わせて、外貨宅配で手間と時間を省いたりするのもありかと思います。

海外旅行ではクレジットカード払いもおすすめ

両替で用意した現金だけでなく、クレジットカードの利用もぜひおススメします。

クレジットカード社会のアメリカではほとんどのお店で$10程度の少額から利用できるし、何よりたくさんの現金を持ち歩く必要がなくて、とても安心。

現金はなくしたり盗まれたりしたら、それで終わり!
ですが、クレジットカードなら盗難・紛失補償保険がついています。

万が一カードを紛失したり盗まれたりしても、日本語のサービスデスクに電話をすれば大丈夫。
すぐにカードを使えない状態にしてもらうことや、必要であれば緊急カードの再発行にも対応してもらえます。

また、クレジットカードを海外で利用した時の手数料は、現金を両替するときに比べて安いのも特徴。
さらに海外旅行保険が自動付帯しているカードなら、事前の申し込みをしなくても旅行中は海外旅行保険に加入していることになります。

これらの付帯サービスの内容はカードによりさまざま。
旅行のスタイルに合わせてお得で便利で安心して使えるカードを選べば、アメリカ滞在がより楽しくなるのは間違いなしです。

旅行保険が充実したお得なクレジットカードは「海外旅行向けクレジットカードの選び方とおすすめカード」でまとめています。

クレジットカードの国際ブランド 海外旅行向けのおすすめクレジットカード2019!選び方から海外での使い方まで徹底解説

まとめ:海外旅行では上手に両替&クレジットカードとの併用でお得に。

海外旅行の外貨両替についてまとめると、日本で両替していくのがお得であり、中でも両替方法は金券ショップのレートが1番いいです。

外貨宅配は家にいながら外貨の受け取りができる便利なサービスなので、両替する暇がない場合には利用してもいいかもしれません。

また、空港の両替所なら出発当日でも余裕で両替できます。

しかし、現地ではできるだけ現金ではなく、クレジットカードを使うようにするのがオススメ。
安全面からはもちろん、金利などを考えても、ほぼ確実にクレジットカードの方が両替よりもお得です。

また、もしも現金が足りなくなったらキャッシングしましょう。
海外での現地両替は一番損してしまいます・・・!

以上、海外旅行のときの両替についてでした。