MENU

\ マリオットアメックスがキャンペーン中 / マリオットアメックスカード

マリオットアメックスカードの発行は紹介経由が最もお得です!

今ならなんと45,000ポイントももらえます!

公式サイトから申込をするよりも最大6,000ポイントも多く獲得できてお得です。

紹介制度をご希望の方は、以下のフォームよりメールアドレスを送信してください。

    ※自動返信メールにて、紹介URLを1分以内にお送りします。
    ※迷惑メールフォルダに入ってしまうこともあります。

    マリオットアメックスはマイルを貯めるのに不向き?交換手順やおすすめの航空会社まで紹介!

    マイルを貯めやすいと定評があるマリオットアメックスプレミアムカード

    マリオットアメックスはマイル還元率が1.25%であるため、カード決済においてはANAカードやJALカードと同等レベルでマイルが貯まりやすいカードです。

    また、ポイントの有効期限が無期限であり、40以上の航空会社のマイルに交換できるため、そういった側面からもマイルを貯めるのにもってこいなカードと言えます。

    この記事ではマリオットアメックスがマイルを貯めるのにおすすめと言われる理由を紐解きつつ、貯めたポイントをどのようなマイルに交換するとお得なのかについて紹介します。

    さらにマリオットアメックスがそもそもANAカードやJALカードと比較して本当にマイルが貯まりやすいのか?についても説明します。

    \ 入会キャンペーンが開催中 /マリオットアメックスプレミアム

    マリオットボンヴォイアメックスの紹介制度をご希望の方は、以下のフォームよりメールアドレスを送信していただければ、自動返信にて紹介リンクを発行します。

      ※自動返信メールにて、紹介URLを1分以内にお送りします
      ※迷惑メールフォルダに入ってしまうこともあります
      ※キャリアメールは届きづらい傾向があります

      【2022年最新版】マリオットボンヴォイアメックスの紹介キャンペーンが激アツ!カードのスペック・デメリット・メリット・特典を実体験を元に忖度なしで大公開

      目次(タップで該当箇所にスキップ)

      マリオットアメックスがマイルを貯めるのに適していると言われる理由

      マリオットアメックスがマイルを貯めるのに適していると言われる理由は以下の4つあります。

      • ポイントの有効期限がない
      • マイルへの交換上限がない(と言っていいレベル)
      • 40以上の航空会社のマイルに交換可能
      • マイル還元率が1.25%と高い

      それぞれ解説します。

      ポイントの有効期限が実質無期限

      マリオットアメックスはカード決済等をするとマリオットボンヴォイのポイントが貯まります。

      このポイントは有効期限が2年間なのですが、1度でもポイント加算されると有効期限が2年間伸びるので、ホテルへの宿泊、クレジットカードやポイント移行でポイントを得れば有効期間はそれから2年に延びます。

      従ってポイントの有効期限は実質無期限です。

      ANAマイルやJALマイルは有効期限が3年間であり失効のリスクがありますが、マリオットアメックスでマイルを貯める際には失効する心配がありません。

      マイルを使いたい時にポイントをマイルに移行したらOKであり、移行完了まで数日なのでとても便利です。

      マイルへの交換上限がない(と言っていいレベル)

      マリオットボンヴォイのポイントをマイルに交換する際の交換上限は1日あたり240,000ポイントまでです。

      仮に240,000ポイントをANAマイルやJALマイルに交換すると100,000マイルです。

      1日あたり10万マイルに交換できるためマイルへの交換上限はないと言っていいレベルでしょう。

      家族で海外旅行をする時やビジネスクラスを利用するときなどは10万マイル以上必要になることもあると思うので、数日かけて交換することになるため、行く日程等が決まったら早めに交換しておくのがおすすめです。

      ちなみにアメリカン・エキスプレス・ゴールドカードの場合は年間に40,000マイルまでしか交換できないため、コツコツとポイントを貯めても使いづらく、交換上限がないマリオットアメックスはとても重宝します。

      40以上の航空会社のマイルに交換可能

      マリオットアメックスで貯めてマリオットボンヴォイのポイントは40以上の航空会社のマイルに交換できます。

      ANAやJALはもちろん、日本人がよく利用するユナイテッド航空、デルタ航空、カタール航空、ハワイアン航空、ブリティッシュエアウェイズなどにも交換可能です。

      ポイントをマイルに交換する際の交換レートは基本的に3:1であり、その場合だとマリオットアメックスプレミアムカードで100円決済ごとに1マイル貯まるイメージです。

      交換できるマイルと、交換レートは以下の通りです。

      アライアンス 航空会社 交換レート
      スターアライアンス ANA 3:1
      シンガポール航空
      タイ国際航空
      ルフトハンザ・ドイツ航空
      エアカナダ
      エアチャイナ
      南アフリカ航空
      ターキッシュエアラインズ
      コパ航空
      アシアナ航空
      エーゲ航空
      TPポルトガル航空
      アビアンカ航空
      ユナイテッド航空 3:1.1
      ニュージーランド航空 200:1
      ワンワールド JAL 3:1
      キャセイパシフィック航空
      ブリティッシュエアウェイズ
      カタール航空
      アメリカン航空
      カンタス航空
      イベリア航空
      LATAM航空
      スカイチーム デルタ航空
      エールフランス航空
      大韓航空
      中国東方航空
      サウジアラビア航空
      アリタリア航空
      アエロメヒコ航空
      アエロフロート航空
      非加盟 エティハド航空 3:1
      エミレーツ航空
      ハワイアン航空
      中国南方航空
      アラスカ航空
      ヴァージンオーストラリア航空
      サウスウェスト航空
      ジェットスター航空
      ヴァージンアトランティック航空
      フロンティア航空
      海南航空
      ジェットブルー航空 6:1

      マイル還元率が1.25%と高い

      マリオットアメックスのポイント還元率は3.0%です。1.0%あれば高還元率と言われるため、3.0%はかなり高還元率と言えます。

      しかしポイントは何に使うのか?まで確認しないことには高還元率かどうかは言えません。

      たとえばポイントをANAマイルやJALマイルに交換するときには3:1の交換レートです。したがってマイルを貯める前提でマリオットアメックスを利用するなら還元率は1.0%となるわけです。

      ANAカードやJALカードでマイル還元率1.0%ほどなので、カード決済においてはマリオットアメックスはそれらのカードと同等のマイルの貯まりやすさです。

      しかしマリオットのポイントは、60,000ポイントまとめてマイルに交換すると5,000マイルをおまけでもらえるため、毎回60,000ポイントずつマイルに交換するならマイル還元率は1.25%です。

      カード名 年会費 還元率
      マリオットアメックス 49,500円 1.25%
      ANA Visaカード 2,200円 0.5%
      ANA AMEX ゴールドカード 34,100円 1.0%
      ANA Visa プレミアムカード 88,000円 1.5%
      JAL Visa カード 2,200円 0.5%
      JALゴールドカード 16,500円 1.0%
      JALプラチナカード 34,100円 1.0%

      なのでANAカードやJALカードをしのぐマイル還元率になるため、かなりマイルが貯まりやすいと言えるわけです(ANAに限り年会費8万円越えのカードでマイル還元率1.5%以上のカードあり)

      フライト利用時などはマリオットアメックスは弱い

      マイルが貯まりやすいというのは、あくまで「カード決済」においてであり、フライト利用時などにボーナスでマイルをもらうこと等はできないため、その点はANAカードやJALカードに劣ります。

      またANAやJALの航空券を購入時にはANAカードやJALカードならマイル還元率が倍増したりするため、飛行機を毎月のように利用する方や航空券を自費で決済することが多い場合には、マリオットアメックスに加えてサブカードとしてANAカードやJALカードを持っておいた方がいいかもしれません。

      マリオットアメックスのポイントはどのマイルに交換すべき?

      マリオットアメックスで貯めたポイントは40以上の航空会社のマイルに交換できますが、基本的には自分がよく利用する航空会社のマイルに交換すると思います。

      しかし実はANAを利用するのにユナイテッド航空のマイルを利用した方が良かったり、友達とJALを利用するならブリティッシュエアウェイズが良かったりと、裏技的なマイルの使い方があるので紹介します。

      王道:ANAマイルもしくはJALマイル

      自分が普段からよく利用する航空会社がANAやJALであれば、そのままANAマイルJALマイルに交換してもいいかなと思います。

      有効期限が3年間なのと、家族間でしか利用できない点に注意しなければいけませんが、利用する航空会社のマイルを貯めるのが一番シンプルで楽ちんです。

      上級者:BAマイルやUAマイル

      BAマイルUAマイルは初めて聞いたかもしれません。それぞれブリティッシュエアウェイズとユナイテッド航空のマイルです。

      なぜBAマイルやUAマイルに交換するかというと、ANAやJALを利用する際に使えて、よりお得だったり便利だったりするためです。

      例えばANAの国内線を利用する際には、ANAマイルを使うよりもUAマイルを使った方が必要マイル数が少ないことがあります。

      上記の他にも以下のような理由から、私はANAマイルやJALマイルと同等かそれ以上にUAマイルとBAマイルを活用します。

      • マイルの有効期限がない(もしくは実質無期限)
      • 家族以外の第三者の航空券にも利用できる
      • 航空券を当日でも発行できる

      年に数回旅行するほどでしたらANAマイルやJALマイルでいいと思いますが、もしそれ以上に頻繁に旅行・出張する場合にはUAマイルやBAマイルを検討してみてもいいかもしれません。

      マリオットアメックスのポイントをマイルに交換する手順

      マリオットアメックスのポイントをマイルに交換は会員ページから簡単にできます。

      まずはマリオットボンヴォイの会員ページにログインします。

      その次にポイントからマイルへの交換というページがあるのでアクセスします。

      アクセスすると以下のページが表示されます。

      上記の「ポイントの移行」をクリックします。

      交換するマイルを選択し会員番号等を入力

      上記のページに移行したら、交換したいマイルを選択し、マイレージプログラム会員番号を入力します。

      ANAならANAマイレージクラブ番号であり、JALならJALマイレージバンク番号です。

      移行するポイント数ですが、60,000ポイントごとだと5,000マイル追加でもらえるので、できれば60,000ポイント刻みで交換するのをおすすめします。

      JALマイルに交換する場合は、以下のような確認画面になります。

      問題なければ「変換」をクリックすると、本人確認に移ります。

      本人確認のための「Eメールを送信」をして確認コードを入力

      登録してあるメール宛に確認コードが送られてくるので、それを入力したらポイント交換申請は完了です!

      上記の流れで、マリオットのポイントをマイルに交換することができます。

      もしも不安な場合は、マリオットに電話して口頭でポイント交換申請をすることも可能です。

      カード裏の番号にかけて、スタッフの方に対応してもらいましょう。

      まとめ:マリオットアメックスはマイルを貯めるのにおすすめ

      マリオットアメックスはカード決済においてANAカードやJALカードをしのぐマイル還元率を誇るため、マイルを貯めるのに適したカードです。

      さらに貯めたポイントの有効期限が実質無期限であり、ポイントは40以上の航空会社のマイルに交換できる利便性もあるため、マイルを貯めるならマリオットアメックスは非常におすすめです。

      フライトをよく利用する、航空券をカード決済する、という場合には、ANAカードやJALカードをサブカードとして持っておくと、より効率的にマイルが貯められてお得に旅行が楽しめます。

      マイルを貯めるならマリオットアメックスはとてもおすすめなので、ぜひ活用してお得に旅行をしてみてはいかがでしょうか?

      \ 入会キャンペーンが開催中 /マリオットアメックスプレミアム

      マリオットボンヴォイアメックスの紹介制度をご希望の方は、以下のフォームよりメールアドレスを送信していただければ、自動返信にて紹介リンクを発行します。

        ※自動返信メールにて、紹介URLを1分以内にお送りします
        ※迷惑メールフォルダに入ってしまうこともあります
        ※キャリアメールは届きづらい傾向があります

        目次(タップで該当箇所にスキップ)