エポスカードは年会費無料なのに特典多数のおすすめクレジットカード!

海外旅行で活躍するおすすめクレジットカードを挙げるとしたら、必ず候補に出てくる「エポスカード」

エポスカードは年会費が無料にもかかわらず、海外旅行保険がとても充実しているカードであり、もしもの病気や怪我のときに大活躍します。

年会費無料のクレジットカードで最も手厚い補償が受けられるので、海外旅行者に人気のカードであり、当サイトでも申込数No.1のクレジットカードです。

そんなエポスカードについて、そもそもどういうカードなのか?というところから、なぜ海外旅行者に人気が高いのかまで紐解きます。

タクマ

旅行保険目当てでクレジットカードをお探しの場合なら、エポスカードはとくにオススメです。

保険が自動で付帯し、病気や怪我でも200万円までの補償がついているにもかかわらず、年会費無料なのはエポスカードくらい!

僕自身もエポスカードをお守りにして海外旅行をしています。

エポスカードの発行には数日かかるので、もしも旅行の出発日が迫っていたら、今すぐ発行しましょう(最短即日ですが、早めに発行しておいたほうがいいです)。

>>エポスカードの公式サイトはこちら
※ネット申し込みで2,000円相当のポイントがもらえる

では、本題に入ります。

エポスカードについて

エポスカード

券種名エポスカード
国際ブランドVISA
年会費無料
ポイント還元率0.50%
旅行保険
(自動付帯)
傷害死亡500万円
傷害治療費用200万円
疾病治療費用270万円
発行スピード最短即日

年会費・入会金は無料

エポスカードは年会費と入会金は必要なく、完全無料で保有することができます。

完全無料だからといってスペックが低いわけではなく、旅行保険はもちろんのこと、ふだん使いとしても活用できるスペックを兼ね備えています!

とはいえ「旅行保険の補償を受けたい」という理由だけでも発行するのに最適で、筆者も旅行保険目的で保有しています。

ポイント還元率

通常の買い物ではポイント還元率が0.5%です。

無料のクレジットカードとは言え、200円の買い物=1ポイントなのでちょっと物足りなさを感じます。

しかし、シダックスやhpなどの特約店でエポスカードを利用すると、還元率が最大で10%まで上がるので「ポイントが貯まりづらい」という訳ではありません。

また、Amazonや楽天などのネットショップで買い物をする時「たまるマーケット」というポイントアップサイトを経由することにより、還元率を2~30倍アップしてポイント獲得することが可能です。

通常のポイント還元率が0.5%ですが、ネットショップでエポスカードを利用するメリットを考えるとふだん使いにも適しているカードです。

旅行保険

エポスカード最大の魅力は旅行保険の補償内容です。

エポスカードの旅行保険のポイントをまとめると、以下の通りです。

  • 傷害治療費用:200万円
  • 疾病治療費用:270万円
  • 賠償責任:2,000万円
  • 携行品損害:20万円
  • キャッシュレス診療
  • 海外でのカード紛失・盗難に24時間年中無休対応

いやいや、これだけ見てもわかんない!と思うかもしれません。

入会金年会費を必要としない他のカードと比較すると、間違いなく最高クラスの補償内容です。

  • 傷害治療費用:
    旅行期間中の事故によるケガが原因で医師の治療を受けたときの補償
  • 疾病治療費用:
    旅行期間中に発病して医師の治療をうけたときの補償
  • 賠償責任:
    海外旅行中に偶然な事故により、他人の身体の障害または他人の財物の損壊してしまったときの補償
  • キャッシュレス診療:
    治療を受けたり入院するときにお金を支払わなくてもOK(例外あり)

他の入会金年会費がかからないクレジットカードは「治療費の補償額が100万円」「利用付帯(ツアー代や旅費などの決済に使わないと保険が適用されない)」「キャッシュレス診療非対応」などと、補償内容に不安を感じてしまうものが多いのが現状です。

その点、エポスカードの補償内容は有料のカードと同じくらい充実しています。

またエポスカードを紛失・盗難に合った場合、24時間年中無休のコールセンターが対応してくれます。
盗難による不正使用の損害を全額してくれるのでかなり心強いですよね。

発行スピード

エポスカードは申し込みから即日発行が可能です。

即日発行の流れとしては、まずエポスカードのWEBサイトかマルイなどのエポスカードセンターで申し込みます。
30分程で審査が完了すると、エポスカードセンターの店頭でエポスカードを受け取るが可能です。

即日発行の条件としては、審査完了後に受け取り可能なエポスカードセンターに出向く必要があります。

即日発行したエポスカードを受け取ることができるのは以下の店舗です。

地域店舗名
北海道
東北
フィール旭川(北海道)千歳アウトレットモール・レラ(北海道)
ELM(青森県)
関東池袋マルイ(東京都)上野マルイ(東京都)
北千住マルイ(東京都)KITTE丸の内(東京都)
渋谷マルイ(東京都)渋谷モディ(東京都)
新宿マルイ アネックス(東京都)新宿マルイ 本館(東京都)
新宿マルイ(東京都)中野マルイ(東京都)
丸井錦糸町店(東京都)有楽町マルイ(東京都)
国分寺マルイ(東京都)町田マルイ(東京都)
丸井吉祥寺店(東京都)ダイナシティ(神奈川県)
マルイシティ横浜(神奈川県)マルイファミリー海老名(神奈川県)
マルイファミリー溝口(神奈川県)柏マルイ(千葉県)
MONA新浦安(千葉県)モラージュ柏(千葉県)
ユニモちはら台(千葉県)大宮マルイ(埼玉県)
草加マルイ(埼玉県)ニットーモール(埼玉県)
マルイファミリー志木(埼玉県)モラージュ菖蒲(埼玉県)
東海静岡マルイ(静岡県)モレラ岐阜(岐阜県)
星が丘テラス(愛知県)
関西アスピア明石(兵庫県)神戸マルイ(兵庫県)
京都マルイ(京都府)岸和田カンカンベイサイドモール(大阪府)
なんばマルイ(大阪府)ピエリ守山(滋賀県)
中国おのだサンパーク(山口県)
九州アミュプラザ小倉(福岡県)アミュプラザ博多(福岡県)
博多マルイ(福岡県)ハウステンボス(長崎県)
アミュプラザ長崎(長崎県)させぼ五番街(長崎県)
アミュプラザおおいた(大分県)ボンベルタ橘(宮崎県)
モラージュ佐賀(佐賀県)アミュプラザ鹿児島(鹿児島県)

首都圏には至るところにエポスカードセンターがあるので即日発行が簡単にできます。

ネットで申し込んで、審査通過したのを確認してカードを取りに行くのがもっともスムーズでオススメです。
また今ならネット申し込みで2,000円相当のポイントをもらえるので、その点でもネット申し込みがいいと言えます。

>>エポスカードのネット申し込みはこちら(公式サイト)

また郵送受け取りの場合も1週間程度で自宅に簡易書留で送られてきます。
住んでいる地域に最寄りにエポスカードセンターが見当たらない場合は郵送のほうがいいかもしれませんね。

その他特典

エポスカードその他の注目するべき特典は、カードを利用した時の割引サービスが非常に多いということです。

飲食店・遊園地・カラオケ・美容院・温泉などの特約店で割引や追加サービスを受けることができます。

この特約店は全国に50000店舗以上あるのでエポスカードをメインのクレジットカードとして使うのもアリでしょう。
割引額が大きい店舗では30%オフなどのサービスを受けられるので、支払いで還元される0.5%のポイントより旨みが大きいかもしれません。

エポスカードが海外旅行にオススメされる3つのメリット

ここからは「なぜエポスカードが海外旅行にオススメなのか?」を深く説明します。

エポスカードが海外旅行でおススメすすめされる理由を3つ挙げると

  1. 海外旅行保険が充実
  2. 最短即日発行なので緊急時でも発行可能
  3. 利用実績を積めばゴールドカードを無料発行可能

という点です。

海外旅行の観点から見ると、エポスカードは無料発行できるクレジットカードの中で最高のサービスと補償内容です。
それどころか有料のクレジットカードと同等のサービス内容です。

①海外旅行保険が充実

エポスカードが海外旅行にオススメされる最大の理由は、海外旅行保険が充実しているからです。

クレジットカードの旅行保険を比較するに注目するべきポイントは、以下の通りです。

  • 自動付帯 or 利用付帯
  • 死亡時の補償額
  • 治療費の補償額
  • キャッシュレス診察・入院の可否

エポスカードは上記の「自動付帯」「治療費の補償額」「キャッシュレス診察」の3項目でとても高水準な補償を誇っています!

自動付帯

クレジットカードの旅行保険の仕組みに「利用付帯」と「自動付帯」があります。

利用付帯とはツアー費用や航空券などの旅費をカードで支払うことによって保険に加入できるタイプの保険です。

結論から言うと利用付帯のカードはとても不便です。

複数枚の利用付帯のカードですべて旅行保険を適用させるためには、複数のカードで旅費を支払う必要があり、利用付帯の条件を満たすために支払いの管理が複雑になります。
また、カードの種類によって利用付帯の適用条件が異なるので事前に調べておかなければいけません。

一方、自動付帯ではカードを旅行に持って行くだけで保険適用の条件が満たされます。
カードで旅費を支払わなくても問題なく保険が適応されます。

利用付帯と自動付帯を比較すると、自動付帯が圧倒的に使いやすいことがわかりますよね。

エポスカードの旅行保険は自動付帯なので、とても便利です。

傷害治療費用・疾病治療費用

エポスカードの生涯治療費用の補償額は200万円/疾病治療費用の補償額は270万円です。

この補償額は無料発行できるカードの中で最高額です。
ちなみに無料発行できるカードの補償額は100万円以下がほとんどであり、100万円を超えるカードすら数えるほどしかないです。

旅行保険でクレジットカード選ぶであればエポスカードを選ばない理由がありません。

キャッシュレスでの診察・入院可能

キャッシュレス診察とは、海外旅行中に現地の医療機関を受診したとき、現場で本人がカードや現金で医療費の支払いをしなくてもいいシステムです。

医療機関を受診する前に保険会社やサポートデスクに連絡をしておくことで、加入している保険会社が医療機関に直接治療費を支払ってくれます。

逆にキャッシュレス診察に非対応の保険だとどうなるか?
最終的には保険会社が治療費を負担してくれますが、現地で医療機関を受診した時に一旦は本人が自腹を切って支払いをしなくてはいけません。

帰国後に保険会社から必要書類請求したり、領収書を郵送して審査してもらったり…などとかなり面倒くさいです。
キャッシュレス診察に対応しているかは旅行保険を比較するのに重要な項目です。

もちろんエポスカードはキャッシュレス診察と入院も可能です。
キャッシュレスで医療機関を受診するためにはサポートデスクに電話をして、エポスカード提携している現地の病院を紹介してもらいましょう!

治療費が補償額の枠の中であれば支払いをする必要は一切ありません。

②最短即日発行なので緊急時でも発行可能

ついつい旅行保険を忘れていた・・・

旅行保険用にクレジットカードを発行したかったけど、審査や郵送で時間がかかるから気づいた時には間に合わない・・・なんてこともあり得るかもしれません。

エポスカードはと即日発行も可能なので出発前日でも発行が間に合います!

出発日ギリギリまで旅行保険の加入を忘れていてもなんとかなるのは、まさに救世主。

ただしエポスカードを即日発行するためにはエポスカードセンターに出向いて店頭で受け取る必要があります。
首都圏にはエポスカードセンターがたくさんあるので問題ありませんが、地方だと最寄りのエポスカードセンターが遠い可能性があるので注意が必要です。

どうしても間に合わない時には、損保ジャパンのようにネットで加入できる海外旅行保険に加入しましょう!

旅行保険に加入せずに旅行するのが一番リスクです。

③利用実績を積めばゴールドカードを無料発行可能

エポスカードの利用実績を積むとゴールドカードへグレードアップの案内が届きます。
これをインビテーションと呼ぶのですが、インビテーションでゴールドカードを発行するとかなりお得。

通常エポスカードゴールドカードの年会費は5000円がかかりますが、インビテーションでゴールドカードを発行すると年会費は永遠無料です。

エポスカードをどのくらい利用すればインビテーションが届くのか?について色々と調べてみたのですが、ハッキリとして利用額は公開されていません。

ちなみにエポスカードからエポスゴールドカードにグレードアップするだけで、かなり豪華なサービスを受けられるようになります。

  • 空港ラウンジ利用可能
  • 傷害死亡後遺障害の補償額1000万円
  • 手荷物預かりサービスの割引
  • 自宅から空港までの荷物宅配サービス
  • 海外WiFiレンタルの割引

ラウンジ利用や空港までの荷物宅配サービスは旅行するときに重宝されますよね。

インビテーションでエポスゴールカードを目指すために、エポスカードを普段使いのカードにするのもありでしょう。

>>エポスカードの公式サイトはこちら
※ネット申し込みで2,000円相当のポイントがもらえる

エポスカードのデメリットは?

エポスカードのデメリットはポイント還元率です。

還元率0.5%だとポイントを一生懸命貯めるのはちょっと難しいかなという印象です。

とはいえ、Amazonや楽天などのネットショップで買い物をする時「たまるマーケット」というポイントアップサイトを経由することにより、還元率を2~30倍アップしてポイント獲得することが可能です。

なので使い方次第では大きなデメリットとはいえません。

また、エポスカードの強みは旅行保険や割引サービスなどの特典です。
それらはポイント還元以上にお得なのでエポスカードでポイントにこだわる必要はないかもしれません。

エポスカードについてのFAQ

さいごにエポスカードにまつわるよくある質問をまとめました。

①審査は厳しいの?

エポスカードはマルイ系列のカードなので主婦や若者をターゲットにしています。

そのため専業主婦や学生でも作りやすいカードと言えるでしょう。

発行の申し込み条件には「日本国内在住の満18歳以上のかた(高校生のかたを除く)でしたらお申し込みいただけます。」とだけ記載されているので、申し込みのハードルは低いと考えられます。

②海外でキャッシングは使えますか?

海外ATMを利用したキャッシングは可能です。

エポスカードはどこの国でも955円(手数料+利息)でキャッシングを利用できます。

③一番早く発行するには?

エポスカードを最も早く発行するには

  1. WEBかアプリで申し込む(申し込む時に店舗を選択)
  2. 審査メールが届いたら店舗にて受け取り

という流れが最速です。申し込みをした当日に発行が可能です。

注意点としてカードを受け取る時にいくつか必要書類を持参です。
必要書類を忘れるとカードを受け取ることができません・・・!

2019年6月現在では、必要書類は「審査結果メール」「本人確認書類(顔写真付き公的書類)のみ」「キャッシュカード」の3点となっています。

利用している金融機関によってはお届け印の提出も求められるので忘れずに持参しましょう。

④締め日・支払日はいつですか?繰上げ返済はできるの?(←特に海外キャッシング)

エポスカードの締め日は4日か27日のどちらかです。
支払い日は翌月の4日か27日です。

締め日・支払日の4日か27日は自由に選ぶことができます。

また繰り上げ返済にも対応しています。

海外キャッシングで借りたお金を早く返したい場合も銀行振り込みで返済可能です。

まとめ:エポスカードの海外旅行保険はクレカ最強クラス!

ここまでエポスカードと海外旅行の相性の良さを説明しました。

エポスカードが海外旅行でおすすめな理由をまとめます。

  • 自動付帯
  • 傷害治療費用・疾病治療費用の補償額が高額
  • キャッシュレス診療・入院に対応
  • 即日発行可能
  • ゴールドカードだとラウンジ利用などの特典が多い

以上のメリットを踏まえるとエポスカードは海外旅行保険に最も適したカードと評価できます!

海外旅行に行くなら、お守りとしてエポスカードを発行してもっていきましょう。

>>エポスカードの公式サイトはこちら
※ネット申し込みで2,000円相当のポイントがもらえる

もしもエポスカードがピンと来なかったら、以下のカードを検討してみてください。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンブルーアメックスカードは26歳まで年会費無料で保有できるカードであり、傷害治療や疾病治療がそれぞれ300万円まで付帯します。年会費無料のクレジットカードの中では最高クラスの充実度を誇ります。26歳未満ならこのカードで決まり!

» 公式サイトはこちら » 詳細はこちら

エポスカード

エポスカードは、永年年会費無料のクレジットカードであり、傷害治療や疾病治療がそれぞれ200万円/270万円と、完全無料のカードではもっとも旅行保険が充実しているカードです。長く利用しやすく、旅行保険目当てで発行して保有している方も一定数いるカードです。

» 公式サイトはこちら » 詳細はこちら

アメックスグリーン

アメリカン・エキスプレスカードは、年会費13,200円と有料であるものの、旅行保険はセゾンブルーアメックスやエポスカードを超える充実度なので、より安心して海外に行きたい方にオススメのカードです。空港ラウンジ特典などもあって旅行で活躍します。

» 公式サイトはこちら » 詳細はこちら