MENU

オリコカードザポイント徹底解説!年会費は?無料にする方法や種類・審査・引き落とし日・ポイントについて【2020年最新版】

オリコカードを年会費無料で持ちたい場合、年会費無料カードだけでも10種類あります。

※2019年12月確認時点

年会費が初年度のみ無料のオリコカードも、条件を満たすことで翌年度からも年会費無料でカードを所持することが可能です。

ステータスによってはそちらの方が使い勝手がいいこともあるため、両方のタイプをチェックしておくのがオススメですよ。

目次

年会費無料でも特徴は種類によってさまざま

オリコカードは種類が多いので、必ず「年会費無料」で絞ってからカードを探すようにしましょう!

まずは、公式ページから年会費無料のオリコカードを探しましょう。

全オリコカードの中から年会費無料で絞ることで、年会費無料のオリコカードを簡単に見つけることが出来ます。

とはいえ、それでもいくつかのタイプに分かれて種類があるため、特徴を掴みづらいという方も少なくないでしょう。

各種カードによって電子マネーが搭載されていたり、ポイント還元率が高かったり、特徴が大きく異なるのも事実です

ここからは、各オリコカードの特徴についてご紹介します。

カードを比較する前に何を重要視しているか整理しておきましょう

  • 電子マネー付帯型
  • ポイント還元率
  • カードフェイス

いろいろ特徴がありますよ!

年会費が無料のオリコカードでオススメなタイプは?

「オリコカードザポイント」

年会費無料のオリコカード選びで迷っときのオススメは、「オリコカード・ザ・ポイント」です。

オリコカード・ザ・ポイントの特徴は、なんといってもポイント還元率が高い点。

ポイント還元率が高いので、カードを使う度に効率良くオリコポイントを貯めることができます。

項目 詳細
年会費 無料
国際ブランド MasterCard、JCB
入会資格 原則として年齢18歳以上の方(高校生は除く)
付帯保険 紛失・盗難保障
追加可能カード 家族カード、ETCカード(ともに年会費無料)
締め日・支払日 原則として月末締め・翌月27日払い
※27日が土日祝日の場合は翌営業日

国際ブランドはMasterCardかJCBを選べます。海外で使う可能性があるのであればMasterCardを選ぶのがオススメです。

特徴

  • ポイント還元率は常に1.0%以上。100円→1オリコポイントが貯まります。
    ※年会費無料で1.0%還元は高還元カードです。
  • 入会後6か月間はポイント還元率が2.0%にアップ!
  • オリコモール利用で通常ポイントに追加して+0.5%を還元!

オリコカードザポイントはポイント還元率を上げる特典が多く存在します。

入会後の特典として半年間ポイント還元率が2倍になっていますし、入会キャンペーンでオリコポイントがついてくることもあります。

※入会キャンペーンの有無や獲得ポイントは実施時期により異なります。

年会費が無料なので維持費が必要なく、リスクなしで大きなメリットを得られるクレジットカードだと言えるでしょう。

年会費無料のオリコカードの中で、1番スタンダードなスペックのクレジットカードだと言えます。

ブラックカード!?思わず見間違えるほどカードフェイス

オリコカードザポイントのデザインはマットブラックのシンプルな券面です。

シンプルなカードフェイスは「一般カードでありながらどこで使っても恥ずかしくないカード」として密かに人気を集めています。

一般カードで高還元率を誇るカードはロゴが大きくデザインされたものも多く、どこでも使いやすいシンプルなデザインはメリットの1つだと言えるでしょう。

国内・海外問わず充実したトラベルサポート!

「オリコカードザポイント」には国内旅行や海外旅行に対して充実したトラベルサポートが用意されています。

主に以下のようなサービスがあります。

▼国内旅行

  • オリコパッケージツアー割引サービス:パッケージツアーが3~8%OFF
  • 国内格安航空券サービス:搭乗1時間前でも予約可能。1日2,500便以上あり
  • 国内レンタカー予約サービス:オリコ会員限定、オンライン予約で5~20%OFF

オリコカードザポイントには海外・国内旅行傷害保険は付帯されていません。

※旅行保険が必要な場合は、旅行保険付帯のクレジットカードを用意するか、別途旅行保険に加入する必要があります。

年会費有料カードを無料にする方法は?

オリコカードはビジネスカード(法人専用)の4種類を除くと26種類のカードが用意されています。

さらにその中から年会費無料の10種類を除くと、合計16種類にわたって年会費のあるオリコカードが浮かび上がります。

※2019年12月現在

しかし、年会費があるオリコカードを選んでも、条件によっては年会費を無料にできるケースが有るのをご存知ですか?

そんなオリコカードの条件パターンは2種類存在します

年間に一度でもカードを利用すれば翌年度の年会費が無料になるパターン

金額に指定はなく、カードを利用すれば年会費無料という条件です。

オリコカードを作ったあと年に1回利用するだけで条件を満たせますので、とくに難しい条件ではないと思います。

このパターンに該当するカードは3種類です。

・オリコカードビザペイウェーブ
・オリコカードペイパス
・アプティ

年間に10万円以上の利用で翌年度の年会費が無料になるパターン

このパターンには金額指定があります。

ただし、年間10万円なので、携帯代金などの固定費をカード払いにしたり、家電製品などの高額商品をカード払いにしたりすることで比較的簡単にクリアできます。

このパターンに該当するカードは1種類だけです。

  • Orihime(オリヒメ)

こちらのOrihimeは特徴的なスペックを持つオリコカードです。

・海外旅行保険が最高2,000万円自動付帯(ケガ・病気だけでなく携行品も補償)
・健康相談ダイヤル(24時間365日)つき!
・ウィメンズウェルネス(女医紹介サービス)

女性にオススメのカードです!

年会費無料カードを比較するなら14種類を比べればOK

年会費が永久無料のオリコカードは10種類、条件付きで翌年度の年会費を無料に出来るのは4種類です。

条件付きと言っても、年に一度のカード利用か、年間を通して10万円以上利用するかのどちらかですので、簡単にクリアできるでしょう。

上記の点を踏まえると、実質年会費無料のオリコカードは14種類存在することになります。

年会費以外の条件を比べるときはこの14種類を比較しましょう。筆者のオススメは以下の通りです。

・ポイント還元率重視→オリコカードザポイント
・女性向け医療特典重視→Orihime

年会費が無料にならないオリコカードの年会費の相場は?

年会費が無料にならないオリコカードの年会費相場を調べてみましょう。

代表的なカードとして、一般カードで3種類とゴールドカードで4種類の価格を調べました。

一般カードは3種類。

オリコカード 1,250円(税別)
ドライバーズアシストアプティ 2,000円(税別)
ライダーズアシストアプティ 1,250円(税別)

ゴールドカードは4種類。

オリコカード・ザ・ポイントプレミアムゴールド 1,806円(税別)
オリコカード・ザ・ワールド 9,075円(税別)
ザ・ゴールド 10,000円(税別)
アイ・ゴールド 3,000円(税別)

一般カードの年会費平均値は1,500円

ゴールドカードの場合でも平均値は6,100円と、他社のカードと比べてかなり安くなっています。

オリコカード ザ ポイント プレミアム ゴールドは年会費1,986円(税込)から持てるゴールドカードです。

加えて、ザ・ゴールドやアイ・ゴールドは 2020年3月31日までWeb入会限定で初年度年会費無料のキャンペーンが行われています。

「初期コストを抑えてゴールドカードが欲しい!」という場合は今が狙い目ですよ!

オリコカード ザ ポイント プレミアム ゴールドは、年会費は安いですがゴールドカードとしての機能はしっかり備わっているオススメカードです。

オリコカードの年会費の相場からわかること

オリコカードを年会費に注目しながらリサーチすると、基本的に最上位クラスのカードを除けばそれほど年会費を気にする必要がないことがわかります。

年会費が有料のオリコカードでも年会費相場は1,250円から3,000円程度です。年に一度の出費として考えると大きな負担ではありませんね。

年会費が最上位クラスを除けば、オリコカードは年会費が無料か格安の年会費で所持できるケースが大半だと覚えておきましょう

ポイント制度(還元率・ステージ制・暮らスマイルとの違い)

オリコカードザポイントの最大のメリットは高いポイント還元率です。

【100円につき1ポイント】貯まり、1ポイント=1円の価値があるのでポイント還元率は1.0%となります。

貯まったオリコポイントは500ポイントから交換可能ですが、オリコのポイントプログラムには「オリコポイント」と「暮らスマイル」の2種類がある点は注意が必要です。

オリコカードザポイントで貯まったポイントの使い道

オリコポイントの使い道は、主に「オンラインギフト券」「他社ポイント(マイル)移行」になります。

▼オンラインギフト券

  • Amazonギフト券
  • iTunesギフトコード
  • Google Playギフトコード
  • nanacoギフト
  • EdyギフトID
  • ファミリーマートお買物券
  • すかいらーく優待券
  • 自治体ポイント

▼ポイント移行

  • オリコプリペイドカードへのチャージ
  • WAONへの移行
  • Tポイントへの移行
  • 楽天スーパーポイントへの移行
  • Pontaポイントへの移行
  • ベルメゾン・ポイントへの移行
  • ANAマイルへの移行
  • JALマイルへの移行
  • dポイントへの移行
  • au WALLETへの移行

ポイントを使い切るには「オリコプリペイドカード」が便利

オリコにはデビットカードはありませんが、国際ブランド付きプリペイドカード「オリコプリペイドカード」があります。

オリコプリペイドカードは年会費無料で、事前にチャージして利用すると【利用金額(月間)の0.25%】が利用月の翌月下旬にチャージ残高へキャッシュバックされます。

通常、チャージには200円(税込)の手数料が必要ですが、オリコカード・オリコポイントによるチャージをすれば手数料は一切掛かりません。

500ポイント以上であれば1ポイント単位でチャージできるため、ポイントの使いきりにも便利なプリペイドカードですよ。

オリコプリペイドカードは還元率も高くはないため、ポイントの使い切り専用で使うのがオススメです。

▼オリコカードのポイントプログラムは2種類

オリコのポイントプログラムは2種類

オリコのクレジットカードはいくつかありますが、カードによってポイントプログラムが異なります。

オリコのポイントプログラムは2種類あるので、まずはその違いを解説していきます。

オリコのポイントプログラムは、「オリコポイント」「暮らスマイル」の2種類。

どのポイントシステムが搭載されているかはオリコカードによって異なります。

人気のオリコカードザ・ポイントは「オリコポイント」のみ

ちなみにオリコのクレジットカードの中で人気があるオリコカードザ・ポイントは、オリコポイントのみで暮らスマイルはありません。

オリコのクレジットカードを持っている人はどのポイントが貯まるのか確認しておきましょう。

ステージプログラムがあるのは「暮らステージ」

カードによっては利用金額に応じて、ポイント還元率がアップする「ステージプログラム」が採用されています。

オリコもステージプログラムを採用しているのですが、適応しているのは暮らスマイル分のみ。

つまりオリコカードザ・ポイントなどオリコポイントしか貯まらないカードは、いくら使ってもポイント還元率がアップすることはありません。

「暮らステージ」のクラスステージ

暮らスマイルのステージプログラムは「暮らステージ」という名前がついています。

ステージ名 年間利用額 ポイント還元加算倍率
ノーマルステージ 50万円未満 1倍
ステージ50 50万円以上 1.5倍
ステージ100 100万円以上 1.7倍
ステージ200 200万円以上 2倍

このように利用額に応じてポイント還元率がアップするので、暮らスマイルが貯まるカードを持っている人は、意識しておきましょう。

「オリコポイント」と「暮らスマイル」の違い

それではオリコポイントと暮らスマイルにどのような違いがあるのでしょうか。

カードによって貯まるポイントが異なる

先ほども開設したように、オリコのクレジットカードはカードによって貯まるポイントが異なります。

  • オリコポイントが貯まる代表的なカード・・・オリコカードザ・ポイント、オリコカードザ・ワールド
  • 暮らスマイルが貯まる代表的なカード・・・オリコカード、The Gold(ザ ゴールド)

現在オリコはオリコカードザ・ポイントやオリコカードザ・ワールドなど、ポイントが貯まりやすいカードに力を入れています。

そのためオリコポイントを目にする機会が多くなっていますね。

ポイント交換先が異なる

オリコポイントと暮らスマイルでは、ポイント交換先が異なります。

▼主なポイント交換先

  • オリコポイント・・・Amazonギフト券、nanacoギフト、電子マネーWAONポイント、Tポイントなど
  • 暮らスマイル・・・家電、食品、旅行商品、電子マネー・オリコポイントへの移行など

オリコポイントはギフトカードや電子マネー、暮らスマイルは商品への交換が主な交換先です。

ポイントの使いやすさで考えると、オリコポイントの方が使い勝手がよさそうですね。

ポイントの貯まりやすさと交換先を考えよう

ここまでオリコのポイントプログラムについて解説してきましたが、カードを選ぶときは何をポイントにすればいいのでしょうか。

オリコのクレジットカードを選ぶ上で大切なポイントは「ポイントの貯まりやすさ」「ポイント交換先」を注視しましょう。

まず大切な点はポイントの貯まりやすさです。

ポイントが貯まりやすいカードであればあるほどお得なので、ポイントの貯まりやすさはとても大切。

そのうえでポイント交換先も意識するといいでしょう。

オリコポイントと暮らスマイルでは交換先が異なるので、自分にとっていい交換先であることが大切です。

筆者は「オリコポイント」が貯まるカードを選ぶことをオススメします。

オリコポイントならAmazonギフト券に交換することであらゆるものを間接的に購入できるようになりますよ

「オリコポイント」と「暮らスマイル」のポイント還元率を徹底比較

それではオリコポイントと暮らスマイルでは、どちらがお得なのか徹底比較していきます。

ポイント還元率の計算

オリコポイントと暮らスマイルは以下のような割合でポイントが貯まります。

  • オリコポイント=100円の買い物で1オリコポイント付与
  • 暮らスマイル=1,000円の買い物で1暮らスマイル付与
  • 暮らスマイル→オリコポイント移行は1暮らスマイル=5オリコポイント

1オリコポイント=1円相当の価値なので、オリコポイントはポイント還元率1%、暮らスマイルはポイント還元率0.5%ということですね。

ちなみにどちらのポイントも交換できるUCギフトカードへの交換時も、交換比率は同様です。

ポイント還元率は、オリコポイントの方がいいということですね。

「暮らスマイル」のステージプログラムでステージ200に到達すればポイント還元率が1.0%

暮らスマイルは先ほど紹介したように、ステージプログラムが採用されています。

ステージ200に到達すればポイント還元率が2倍なので、この場合暮らスマイルもポイント還元率1.0%ですね。

ただしステージ200にするためには、年間200万円以上の決済は必要となってしまいます。

毎月16万円以上の決済をしなければならないので、かなり大変ですね。それであればオリコポイントのカードを選んだ方が、ポイント還元率はお得という結論です。

オリコカードザ・ポイントは入会後の半年間はポイント還元率が2.0%

オリコのクレジットカードの中で人気のオリコカードザ・ポイントは、入会後半年間ポイント還元率が2.0%にアップします。

しかもオリコカードザ・ポイントは、年会費・入会金などすべて無料で作成可能。

ポイント還元率2.0%はグレードの高いクレジットカードでもめったに見ない数字なので、かなりお得です。

入会後半年間はポイントがどんどん貯まるので「新生活をはじめるために家電を購入する」「ふるさと納税などまとまった支払いをする」といった人はオリコカードザ・ポイントを作成して、支払いを済ませてしまいましょう。

オリコカードザ・ポイントはあらゆるクレジットカードの中でも、ポイント還元率がかなり高いクレジットカードですよ。

オリコカードザ・ポイントの作成がもっともポイント還元率が高い

ここまでオリコポイントと暮らスマイルについて解説してきましたが、最終的な結論としてはオリコカードザ・ポイントの作成がもっともポイント還元率が高いということです。

オリコカードザ・ポイントは年会費無料で作成できるうえ、基本ポイント還元率が1.0%。

さらに入会後半年間はポイント還元率2.0%と、かなりお得なクレジットカードです。

オリコのクレジットカードで何を作るか悩んでいるのであれば、オリコカードザ・ポイントがオススメですよ。

特典

オリコカードザポイントは「入会後6ヶ月間ポイント2倍」「オリコモールの利用でポイントアップ」といったポイントに関する特典が充実しています。

入会6ヶ月は還元率2%!?驚異の高還元率期間中にカードを使い倒すべし

「オリコカードザポイント」は入会後6ヶ月間のポイント還元率が2倍の2.0%にアップします。

※上限5,000ポイント

そのため、高額な買い物をする予定があるならそのタイミングに合わせてオリコカードザポイントを発行するのがオススメです。

例えば、10万円の買い物をする場合、通常なら10万円で1,000円の還元となりますが、入会後の半年間なら2,000円の還元となります。

オリコモールの利用でポイントアップ

ネットショッピングでオリコモールを経由するとポイント還元率がアップします。

▼オリコモールを経由してAmazonで商品を購入したとき(オリコカードザポイントを使用)

  • オリコモール利用分:0.5%還元
  • オリコカードザポイントの通常ポイント:1.0%還元
  • オリコカードザポイントの特別加算ポイント:0.5%還元

合計で2.0%還元になります。

オリコモールに登録されているサイトの中でも利用者が多いと思われるAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングでは上記の計算方法で2.0%還元になります。

Amazonヘビーユーザーは見逃すな!Amazonカードよりも高還元率なオリコカードザポイント

Amazonでポイント還元率が高いクレジットカードには「Amazonカード」がありますが、Amazonカードとオリコカードザポイントは互角のポイント還元率となっています。

AmazonカードをAmazonで利用すると以下のようにポイント還元率がアップします。

▼Amazonカードの場合

  • 一般カードでプライム会員以外:1.5%還元
  • 一般カードでプライム会員:2.0%還元
  • ゴールドカード:2.5%還元

一方、Amazonでオリコカードザポイントを利用した場合のポイント還元率は以下の通りです。

▼オリコカードザポイントの場合

  • 一般カードでオリコモールを経由:2.0%還元
  • ゴールドカードでオリコモールを経由:2.5%還元

このようにポイント還元率は同等ですが、オリコカードザポイントの方がポイントの使い勝手がいいので、総合的に考えるとAmazonでもオリコカードザポイントの方がオススメです。

PCでネットショッピングをする人はオリコモールの公式自動ツール「オリコモールコンシェルジュ」をインストールすると、画面表示で経由忘れを防いでくれるので便利です。

電子マネー(id/Quickpay/Master Cardコンタクトレス)

オリコカードの中でも大人気の「オリコカード・ザ・ポイント」には電子マネーとして「iD」と「QUICPay」がダブル搭載されています。

国内では「iD」も「QUICPay」も両方普及ているため、電子マネーの実用性も高くなっていますよね。

さらに、オリコカードザポイントでは「Master Cardコンタクトレス」という電子マネーも利用可能です!

▼オリコカードザポイント搭載の電子マネーについて(詳細)

電子マネーの仕組みと特徴

オリコカードザポイントはクレジットカードですが、オプションとして「iD」と「QUICPay」の2つの電子マネーが搭載されています。

電子マネーを利用してもクレジットカード払いとして処理することが出来るため、従来どおりオリコカードザポイントのポイントを貯めることも可能です。

電子マネーとは?

電子マネーは事前にチャージをしてカード払いをするプリペイド形式が多いものの、オリコカードザポイントに搭載されている「iD」と「QUICPay」はチャージが不要となっています。

電子マネーとして「iD」や「QUICPay」を通しているものの、実際の支払いはオリコカード・ザ・ポイントのクレジットカード払いとなっているからです。

つまり、電子マネーでありながら実質クレジットカードのように後払いが可能になっているといえるでしょう。

「iD」と「QUICPay」を使うメリット

オリコカードザポイントに搭載されている「iD」と「QUICPay」はどちらもスマートフォンを使って決済の出来る電子マネーとなっています。

スマホアプリ内でクレジットカードと情報を結びつければ、スマホ1台で簡単にショッピングの支払いを行うことも可能です。

電子マネーで支払った場合でも、100円につき1ポイントがオリコカードザポイントに貯まります。

ただしムリをして使うほどでもない

日頃から電子マネーを使っていない人にとって、オリコカードザポイントの「iD」と「QUICPay」をムリしてまで使う必要はないといえるでしょう。

その理由として挙げられるのが、オリコカードザポイントには「電子マネーへのチャージによるポイント付与が無い」というもの。

たとえば、セブンカードが提供しているnanaco一体型クレジットカードであれば、電子マネーnanacoへ200円チャージするごとに1ポイント分加算される仕組みとなっています。

チャージ分をnanacoカードとして支払いに使った場合でも200円につき1ポイント貯まるため、合計200円で2ポイント(ポイント還元率1%)貯まる仕組みです。

これをポイントの二重取りと言い、一部の電子マネー・クレジットカードに限りポイントを更にオトクにゲットすることが可能になっています。

オリコカードザポイントの場合、「iD」と「QUICPay」を利用するかしないかに関係なく、支払額に応じて最終的に入手出来るポイント数は同じポイント数となっています。

オリコカードザポイントの隠れた1つの電子マネー

オリコカードザポイントの概要や詳細では、搭載されている電子マネーは「iD」と「QUICPay」のみとなっています。

しかし、実はMaster Cardブランドを選べば「Master Cardコンタクトレス」という電子マネーも使えるのをご存知ですか?

電子マネー自体あまり大々的に宣伝されていないため、「聞いたこともない!」という方も多いでしょう。

そんな「Master Cardコンタクトレス」について詳細をご紹介します。

Master Cardコンタクトレスとは?

クレジットカードを読み取り機に”かざすだけ”で支払いを済ませることが出来ます。

「Master Cardコンタクトレス」という名の通り、Master Cardが提供している電子決済手段です。

オリコカードザポイントには「JCB」「Master Card」の2つのブランドが用意されていますが、「Master Card」を選んだ場合にこの電子マネーを付帯させることができます。

「Master Cardコンタクトレス」は「iD」や「QUICPay」と同じく、チャージ不要で使える電子マネーです。

利用明細はオリコカードザポイントに上がるためオリコポイントの付与対象となる点はありがたいですよね。

Master Cardコンタクトレスを使うメリットはほぼない!?

「Master Cardコンタクトレス」を使うメリットはカードレスで買い物が出来る点が挙げられますが、使う機会が少ないのも事実でしょう。

Master Cardブランドの加盟店であれば必ず使えるという訳ではなく、現状では「Master Cardコンタクトレス」のマークが展示されていなければ支払いに使えないのです。

そのため、使える店舗数を踏まえるとクレジットカード払いのままであったり、別の電子マネーを使うほうが手早く支払いを済ませられるケースも…。

「Master Cardコンタクトレスで決済したい」という場合は、事前にMaster Cardコンタクトレスマークが提示されているかどうかをレジにてチェックしておくことをオススメします。

Master Cardコンタクトレスを使えるお店

「Master Cardコンタクトレス」をフル活用するためには対象店舗を把握しておく必要があるでしょう

セブン-イレブンやマクドナルドなど、一部の大手チェーン店では対応していますので、試しに使ってみるのもいいでしょう。

2020年東京オリンピックに向けてシェアは高まる?!

「Master Cardコンタクトレス」の日本におけるシェアについては2020年の東京オリンピックまでに高まる可能性があるといえるでしょう。

世界的に見てみると「Master Cardコンタクトレス」や同類サービスの「VISAタッチ決済」のシェア率は悪くなく、日本以上に認知度や実用性は高いものとなっています。

2020年のオリンピックでは多くの外国人観光客が来ると想定されているため、政府も国際的基準に合わせるためさまざまなキャッシュレス決済を導入していくものと考えられます。

審査

オリコカードザポイントの入会資格は以下の通りです。

原則として年齢18歳以上の方(高校生は除く)

引用元:https://www.orico.co.jp/creditcard/thepoint/

18歳以上であれば大学生でも発行可能です。

収入についての記載がないことから、オリコカードザポイントの審査難易度は平均的だと予想されます。

オリコカードザポイントの審査攻略完全ガイド

クレジットカードの審査基準はどの会社も非公表なので、口コミから審査基準を探るしかありません。

以下はオリコカードザポイントの審査に関する口コミです。

▼合格者の口コミ

年末に申込み、1月8日に本人確認電話あり。

その直後にカード発送メールあり。

本日19日に本人限定郵便で到着。

ショッピング枠50万はかなり満足(同時申込エポスで10万だったので)。

年末年始を挟んだので長引きましたが、安堵な結果で良かったです。
引用元:クレファン

12/16合格メール12/27カード到着。

アップグレードも含め直近3件目で10年ほど前にバイクローンで迷惑をかけましたが50万の枠も頂けて嬉しい限りです。大事に使っていきます。
引用元:クレファン

オリコショッピングローン契約完了後の案内で申込み。

直近3枚目の申込みで、厳しいかなと思ってたのですがショッピング枠50で可決となりました。

申込みから10日目に発行完了案内。そこから約8日でカード到着でした。良かった!
引用元:クレファン

▼不合格者の口コミ

CICに異動2件あり。完済から2年半。

ライフカードCHで半年クレヒス積んで凸しましたが、撃沈。
引用元:クレファン

2週間で4枚のカ-ドを申し込みましたがVEWcardとUFJGOLDとアマゾンクラッシックは合格しました.最後のオリコカードはお断りメ-ルが来ました..

オリックスに車のリ-ス申し込む事もあきらめました.また6カ月後に再申し込みしてみます
引用元:クレファン

申し込みから手元に届くまで。最短でカードに手に入れるためにできること

オリコカードザポイントを素早く入手したいのであればWEBから申し込むのがオススメです。

郵送は書類の提出に時間がかかるため、それだけカード発行も遅くなります。

ただし、WEB申込でもカード発行は「最短8営業日」となっているため、おおよそ1週間はかかることを見越して早めに申し込むといいでしょう。

口コミ

→ポイントが貯まりやすいと評判です。

→マットブラックのシンプルな券面が好評です。

▼その他口コミ

合計金額で100円毎に1円分のポイント付与は、基本還元率1%の中でも優秀。
(同じ1%でも1000円で10円分付与などの取りこぼしやすいカードもあるため)

交換先はamazonやitunes、Tポイントなど何種類かあります。
引用元:クレファン

マットブラックのみの無駄にデザインされていない券面は,何のカードかわからないくらいで,支払い時に戸惑ったような感じになった店員さんもいましたが,どこで出しても恥ずかしくなく.むしろ高級感すらあると思います.
引用元:クレファン

旅行保険がほとんど付いておりません。その分ポイントに充てられたのでしょうか。

だとしたら、今現在2015.11(強調)の私にはぴったりです。

旅行保険とやらを有効と言えるほど、年中旅行に行かれている方は日本国全人口の内、1-2%位はいらっしゃるのでしょうか。需要に正確に答えた、価値有るカードだと思います。
引用元:クレファン

支払い方法や金利・利息・利率の計算方法

オリコカードで分割払いやキャッシングをする際に、利息計算は気になるポイントではないでしょうか。

利息は金利によって変わってきます。

今回はオリコカードの金利について解説していきます!

▼オリコカードの利息計算と支払い方法について

ショッピング枠の金利と計算方法

オリコカードの種類を大きく分類すると、一般カード、ゴールドカード、プラチナカード、リボ払い専用カードに分かれ、カードによって金利が異なる場合があります。

また金利や利息の計算方法については、分割払い(回数指定払い)、リボ払いといった返済方法によって異なります。

ここからは返済方法別に金利や利息の計算方法を見ていきましょう。

ショッピングの返済方法は4種類

オリコカードのショッピング枠の返済方法は1回払い、分割払い(回数指定払い)、ボーナス一括・二括払い、リボ払いの4種類です。

オリコカードの場合、1回・2回・3回・6回・10回・12回・15回・18回・20回・24回から回数を指定して返済できます。

「ボーナス一括・二括払い」はボーナスが出る時期に1回払いまたは2回払いをする方法です。

「リボ払い」は毎月の返済額を固定して返済できる方法になります。

ショッピングで利息が無料となる返済方法

オリコカードでショッピングをした場合、1回払い・2回払い・ボーナス一括・二括払いで支払いをすると利息がかかりません。

カード会社によっては分割2回払いやボーナス二括払いでは利息が発生する場合もありますが、オリコカードではどちらも無料です。

利息が発生するのは回数指定払いかリボ払い

オリコカードのショッピングの支払いで利息が発生するのは、3回以上の分割払い(回数指定払い)とリボ払いです。

たとえば、利息を抑えたいけれど1回や2回で完済するのが難しい大きな買い物をした場合は、3回、6回と分割回数を増やすことを考えると思います。

このように分割回数を増やすと、回数に応じた利息が発生します。

回数指定払いの利息の計算方法は?

3回払い以降の分割払い(回数指定払い)では、下表の利息が発生することになります。

支払回数 実質年率 100円あたりの手数料額
1回払い 0.0% 0円
2回払い 0.0% 0円
3回払い 12.2% 2.04円
6回払い 13.9% 4.08円
10回払い 14.6% 6.80円
12回払い 14.8% 8.16円
15回払い 14.9% 10.20円
18回払い 15.0% 12.24円
20回払い 15.0% 13.60円
24回払い 15.0% 16.32円
ボーナス一括・二括 0.0% 0円

出典:オリコカード(公式サイト)

オリコカードの場合、分割払い(回数指定払い)の利息の計算には、実質年率ではなく上表の「100円あたりの手数料額」を使うのが便利です。

  • 利息=ショッピング代金×100円あたりの手数料額÷100

たとえば1万円の商品を3回払いで購入した場合、3回払いでの100円あたりの手数料額は2.04なので、「10,000円×2.04÷100=204円」となり、204円の利息が発生することになります。

3回払いの実質年率は12.2%なので高く感じますが、実質年率は「1年間借りたままにした場合の利率」です。3回で返す場合の実質的な利息はそんなに高くなりません。

リボ払いの利息の計算方法は?

オリコカードのリボ払いの利息は、以下の計算方法です。

  • リボ払いの利息=借入額×利率(実質年率)÷365×借入日数

※「借入日数」は利用日の翌日または前回返済日の翌日から返済日までの日数
参考:オリコカード(公式サイト)

オリコカードのリボ払いの利率(実質年率)は、以下のようにカードごとに異なります。

  • オリコカード(一般カード):15.0%
  • JEWEL-G、LOVE THE EARTH、Premium Gold、i Gold:11.52%
  • THE PLATINUM、The Gold:10.2%

参考:オリコカード(公式サイト)

オリコカードでは一般カードのリボ払いの利率(実質年率)は15.0%ですが、ゴールドカードやプラチナカードでは10.2%と金利が優遇されています。

上位カードは一般カードより金利が低い傾向があり、また○%~○%など金利に幅を持たせてある場合は利用枠が大きいほど採用利率が低くなります。

▼リボ残高と手数料

オリコカードの場合、リボ払いの毎月の支払金額は以下の通り、月末のリボ残高に応じて変わる方式です。

旧コース
平成23年10月31日までに会員登録(契約確定)されたカード
月末のリボ残高 毎月の返済金額
100,000円以下 5,000円
100,001円~200,000円 10,000円
200,001円~300,000円 20,000円
300,001円~1,000,000円 30,000円
1,000,001円~2,000,000円 50,000円
2,000,001円~3,000,000円 70,000円
新コース
平成23年11月1日以降に会員登録(契約確定)されたカード
月末のリボ残高 毎月の返済金額
100,000円以下 3,000円
100,001円~200,000円 6,000円
200,001円~300,000円 9,000円
300,001円~500,000円 15,000円
500,001円~1,000,000円 20,000円
1,000,001円~2,000,000円 50,000円
2,000,001円~3,000,000円 70,000円

参考:オリコカード(公式サイト)

シミュレーション

たとえばオリコカード(一般カード)で15万円の商品をリボ払いにした場合、利率(実質年率)は15.0%で毎月の支払額は6,000円です。

※新コースの場合

この方法では完済まで31回かかり、利息の総額は30,957円にもなります。

支払総額の約20%(参考値)が利息という計算になりますね。

このようにリボ払いは利息がかなりかさむので、1回払いできない場合は分割払い(回数指定払い)を利用するようにした方がお得です。

オリコカードのショッピング金利

オリコカードのショッピング金利は、分割払い(回数指定払い)とリボ払いに分けられます。

分割払い(回数指定払い)は、30種あるどのカードも同じで、回数に応じて金利が変わります。

一方、リボ払いはカードの種類によって金利が異なるため、自分のカードの金利を確認しておくと便利です。

一般的に、ゴールドカードやプラチナカードといった上位カードでは一般カードよりも金利が低い傾向にあります。

オリコカードでもゴールド、プラチナはリボ払いの金利が優遇されています。

キャッシングの金利と計算方法

オリコカードにはキャッシング機能を付帯できるカードがあります。

ショッピング枠とキャッシング枠は金利が異なるので、キャッシング枠の利息の計算方法も覚えておきましょう。

キャッシング枠の利息の計算方法は?

キャッシング枠の利息の計算方法はリボ払いと同じで、以下の通りです。

  • キャッシングの利息=借入額×利率(実質年率)÷365×借入日数

※「借入日数」は利用日の翌日または前回返済日の翌日から返済日までの日数

参考:オリコカード(公式サイト)

利息を抑えるポイントは、「借入額を抑えること」「低利率のオリコカードを選ぶこと」の2つです。

金利が高いと利息が高くなりますが、逆に考えると高金利でも借入額を抑えることで利息は安くなります。

また、オリコカードは一般カードのオリコカードザポイントやゴールドカードでは金利が実質年率15.0%~18.0%となっていますが、プラチナカードでは実質年率15.0%と低利率で固定されています。

オリコカードのキャッシングは、「1回払い(一括払い)」と毎月決まった金額を返済する「リボルビング方式」を選べるので、状況に応じて選ぶといいでしょう。

リボルビング方式の場合の月々の返済額

キャッシングの利用枠が50万円以下のカードで10万円を借りた場合、月々の返済額は10,000円ということになりますね。

キャッシングやカードローンも計算方法は一緒

オリコカードはクレジットカード以外にも、キャッシングやカードローンの単体商品があります。

こうした単体商品を利用する場合も利息の計算方法は同じで、以下の通りです。

  • 単体商品の利息=借入額×利率(実質年率)÷365×借入日数

※「借入日数」は利用日の翌日または前回返済日の翌日から返済日までの日数

申し込みを検討する際には覚えておくといいでしょう。

オリコカードのキャッシング金利

オリコカードのキャッシング枠の金利は、カードの種類によって異なりますがおおむね15.0%~18.0%の間です。

一律で金利が設定されているわけではないので、自分のカードの金利はチェックしておくといいでしょう。

キャッシングの金利については、オリコカードの場合、一般カードとゴールドカードは同じですが、プラチナカードは優遇されているといった違いがあります。

キャッシングについてはオリコカードのキャッシング枠よりも、キャッシングやカードローンを単体で利用する方が採用利率を下げやすい傾向があります。

その理由は、単体商品の方は最大限度額が高額になっているためです。

キャッシングでは、最大限度額が上がれば採用利率が下がる傾向にあります。

そのため、小口の融資を受けたい場合でもあえて高額な限度額を狙うというのもお得なキャッシングのテクニックの1つです。

オリコカードの金利がさほど低くない理由

オリコカードの金利を見ると、ショッピング枠もキャッシング枠もそれほど金利が低いとは感じないと思います。

15.0%や18.0%など、よく見かける金利水準です。

オリコカードの金利がさほど低い水準ではない理由は利用枠にあります。

基本的に、最大利用枠が大きい商品は金利水準が低い傾向にあります。

オリコカードの場合、キャッシングに限ればプラチナカードを含むほとんどのカードで利用枠が100万円までと小さめなので、金利も普通の水準になっているのでしょう。

最後に遅延損害利率を知っておこう

オリコカードの金利についていろいろと紹介してきましたが、最後に遅延損害利率について解説します。

遅延損害利率というのは、支払いが遅延した際に採用される金利です。

通常の金利が15.0%でも、遅延行為をすると遅延損害利率の利息が別途かかってきます。

オリコカードの場合、キャッシングの遅延損害利率は実質年率18.0%、リボ払いの遅延損害利率は実質年率14.6%などと明記されています。

遅延損害金の計算方法も通常の利息計算と同じです。

  • 単体商品の利息=借入額×遅延損害利率(実質年率)÷365×借入日数

※「借入日数」は利用日の翌日または前回返済日の翌日から返済日までの日数

支払いは遅延しないのが当たり前ですが、もしもの場合に備えて念のため遅延損害利率についても頭に入れておくといいでしょう。

オリコカードの家賃収納サービス!導入会社(プレサンス)について解説

「家賃の支払いがクレジットカードでできたらいいのに…」

クレジットカードを活用している人は、このように思ったことが1度はあるのではないでしょうか。

そんな中クレジットカード会社大手のオリコが、家賃の支払いをクレジットカードでできるサービスを開始しています。

それではオリコが実施している家賃収納サービスとは、どのようなものなのでしょうか。

オリコが管理会社の役割を果たし不動産会社に代わり家賃を収納する

日本の慣習では、不動産を斡旋する会社と管理する会社は別なことが多いです。

不動産を紹介して契約までを完了させる斡旋会社、その後施設の管理や家賃の確認をおこなう管理会社。

オリコの家賃収納サービスでは、オリコが管理会社の役割をはたして家賃の収納をします。

利用者はクレジットカードでの家賃支払いが可能になる

オリコが管理会社をつとめることで、オリコが持っているシステムを家賃管理に反映。

オリコのクレジットカードで家賃分を決済し、オリコに入った家賃分の売上を不動産会社に渡すという仕組みを構築しました。

この仕組みをオリコは「スリーウェイサービス」として、広めています。

家賃の支払いがクレジットカードでできるようになれば、クレジットカードを利用するメリットがより多くなるので、今後の広がりに期待してたいですね。

オリコの家賃収納サービスを利用するメリット(入居者)

それではオリコの家賃収納サービスを利用するメリットは、どのような点にあるのでしょうか。

まずは入居者の視点から、利用メリットを見ていきます。

クレジットカード支払いが可能なのでポイントが貯まる

家賃の支払いがクレジットカードでできるということは、もちろんクレジットカードのポイントが貯まります。

家賃は毎月発生するものなので、クレジットカード支払いが可能になれば、かなり大きいですね。

たとえばポイント還元率1%のクレジットカードで家賃が毎月10万円であれば、毎月1,000円分のポイント還元が受けられます。

また家賃の支払いがクレジットカードでできれば、ほとんどの支払いをキャッシュレス化することも不可能ではありません。

月々の出費をすべてクレジットカードや電子マネーで支払いできれば、ポイントがどんどん貯まって、かなりお得ですよ。

連帯保証人を立てる必要がない

またオリコの家賃収納サービスを利用した人は、連帯保証人を立てる必要がありません。

連帯保証人とは、入居者が家賃の支払いをできなくなったとき、代わりに支払いをする人のこと。

不動産管理会社が確実に家賃の取り立てをするための仕組みです。

しかしオリコの場合、クレジットカードの審査で入居者の経済状況をチェックしています。

そのためわざわざ連帯保証人を立てなくても、家賃を収納する仕組みがあるということですね。

オリコの家賃収納サービスを利用するメリット(不動産会社)

オリコの家賃収納サービスを利用することは、利用者にもメリットがありますが、不動産会社にとってもメリットがあります。

簡単にではありますが、不動産会社のメリットについても解説していきます。

家賃延滞リスクがなくなる

不動産会社の1番のメリットとしては、家賃延滞リスクがなくなること。

オリコの家賃収納サービスを利用した場合、家賃の支払いはオリコ経由でおこなわれます。

たとえ入居者からの家賃の支払いがおこなわれなかったとしても、オリコから家賃分の支払いが不動産会社におこなわれます。

そのため不動産会社の立場からすると、家賃延滞リスクがなくなるということですね。

家賃催促業務など業務削減につながる

家賃の支払い対応はオリコがしてくれることは、不動産会社の業務削減につながります。

家賃催促業務・入金管理業務などをオリコがしてくれるので、手間がかなりなくなりますね。

このように業務効率化ができる点が、不動産会社がオリコを利用するメリットです。

オリコの家賃収納サービスを利用している例

それでは実際にオリコの家賃収納サービスを利用している会社を紹介していきます。

プレサンスコーポレーションの場合

新築マンションの建設・投資用マンションの紹介・賃貸不動産の斡旋など、不動産にかかわるさまざまな事業を展開しているプレサンスコーポレーション。

東証一部にも上場している大企業です。

そんなプレサンスコーポレーションは、オリコの家賃収納サービスを利用しています。

大阪・京都・神戸・名古屋・東京など都心部にマンションをもつプレサンスコーポレーションは、支払い時にオリコのクレジットカードが利用可能です。

毎月手数料がかかる点がデメリット

ただしプレサンスコーポレーションの物件では、毎月1.5%の手数料がかかってしまいます。

正直この点は、かなりのデメリット。

オリコで使えるクレジットカードの中で、もっともポイント還元率が高い「オリコカードザポイント」でも、ポイント還元率は1.0%です。

せっかく1.0%のポイント還元がされるのに、1.5%手数料がかかってしまっては赤字です。

そのためクレジットカード支払いができるから、プレサンスコーポレーションを選ぼうとは現状なりません。

今後手数料に変化があるかもしれないですし、他の会社がオリコの家賃収納サービスを利用する可能性もあります。

家賃支払い時にクレジットカードを使いたいニーズは確実にあるので、今後の流れに期待したいですね。

利用者の口コミ

それでは実際にオリコの家賃収納サービスを利用している人の評判はどうなのでしょうか。

利用者の口コミを集めてみました。

Twitterなどで口コミを見たところ、オリコの家賃収納サービスについては賛否どちらの意見も見受けられました。

▼賛成意見

  • 毎月振り込みをしなくていいので楽
  • クレヒスが作れる
  • 保証人が必要ない

▼反対意見

  • オリコがメインカードでないので管理がめんどう
  • 手数料が上乗せされるのでポイント還元のうまみがない

といった意見が見受けられました。

実際に利用しているとさまざまな意見が見受けられるので、利用する前には自分なりにしっかり調べてから利用しましょう。

オリコカードの学費サポート

オリコの学費サポートプランは、学費に特化した「教育ローン」の一種です。

ただしオリコの場合は他の教育ローンとは違い、提携している大学や専門学校などで利用できる「学校指定の提携教育ローン」という位置づけになっています。

学資サポートでは、審査に通れば直接オリコが学費(入学金・授業料など)を学校に振り込むというしくみです。

契約者に入金することはないので、確実に学費を学校に振り込むことができます。

新入生も在校生も利用可能です。

返済プランは通常返済とステップアップ返済の2種類

学資サポートの返済プランは「通常返済」と「ステップアップ返済」の2種類です。

通常返済では在学中から、ステップアップ返済では卒業後から、返済残高に応じた月々の最低支払額以上を1,000円単位で指定して支払います。

返済残高 月々の最低分割支払額
10万円以上~50万円以下 6,000円以上
50万円超~100万円以下 12,000円以上
100万円超~150万円以下 18,000円以上
150万円超~200万円以下 24,000円以上
200万円超~250万円以下 30,000円以上
250万円超~300万円以下 36,000円以上
300万円超~350万円以下 42,000円以上
350万円超~400万円以下 48,000円以上
400万円超~450万円以下 54,000円以上
450万円超~500万円以下 60,000円以上

通常返済

通常返済は、在学中も卒業後も、毎月同じ額の「元金+金利(分割払手数料)」を支払う返済プランです。

通常返済ではステップアップ返済に比べて返済期間を短縮でき、支払う金利総額を減らすことができるメリットがあります。

たとえば金利3.5%で100万円借りて月12,000円を通常返済する場合、支払回数は96回となります。

ステップアップ返済

ステップアップ返済は、在学中は毎月同じ額の金利(分割払手数料)のみを支払い、卒業後からは毎月同じ額の「元金+金利(分割払手数料)」を支払う返済プランです。

大学や専門学校の在学中は何かとお金がかかるので、在学中は金利のみを支払えばいいというこのプランは助かる方も多いかもしれません。

たとえば金利3.5%で100万円借りてステップアップ返済をする場合、在学中は利息分「2,916円」のみの支払いで、卒業後に月12,000円以上の返済を続けることになります。

ただし、ステップアップ返済は通常返済に比べて返済期間が長くなり、支払う金利総額が増えるというデメリットがあります。

ステップアップ返済では、ステップアップ開始月(卒業後の「元金+金利」支払い開始月)を卒業後最大1年間延長可能です。

この申請は卒業月の前々月~卒業当月の20日までに行ってください。

学費サポートプランのメリット

オリコの教育ローン「学費サポートプラン」のメリットについて見ていきましょう。

返済期間中、金利がずっと一定

学費サポートでは、返済期間中、金利が一定です。

完済まで金利が変わらないので、返済計画が立てやすくなっています。

返済プランについては、オリコの公式サイト「返済シミュレーション」で簡単に計算できるので便利です。

利用金額は10万円~500万円と幅が広い

オリコの教育ローンは10万円~500万円の範囲で利用できるので、幅広いニーズに対応できます。

審査日数は最短1営業日、申込から入金までは最短5営業日とスピーディ

オリコの学費サポートは、申込から審査完了まで最短1営業日、申込から入金までは最短5営業日とスピーディなのもメリットです。

他の教育ローンだと、入金まで1ヶ月程度かかるところも珍しくないため、素早い対応をしてくれるのは助かりますね。

インターネットから24時間365日申し込める

オリコの学費サポートはインターネットから24時間365日いつでも申込ができるので、入学金に充てたい場合など急ぎの際にも頼りになります。
※一部、電話からの申込のみ対応の学校もあり。

申込時に契約者の本人確認書類や収入証明書が不要

学費サポートの受付はオリコ公式サイトで行っています。

新入生向けと在学生向けに分かれていますが、申込手順はほぼ同じで、申込時に提出書類(証明書)が不要です。

申し込みフォームに沿って、申込者情報、学生の情報、利用内容、支払い方法を入力し、「予約受付」をクリックします。

正式な手続きは新入生の場合「出願・受験・合格発表後」、在学生の場合「納付書到着後」に行います。

その際も、契約者の本人確認書類や収入証明書は不要です。

必要書類(新入生)

1.受験番号もしくは合格通知番号がわかるもの
2.納付書や振込用紙などの申込金額がわかるもの

※ご契約者さまの本人確認資料(運転免許証や保険証など)、年収を確認する資料(源泉徴収票や確定申告書など)は必要ありません。
※学校から発行されていない場合は必要ありません。

引用元:オリコ(公式サイト)

必要書類(在学生)

1.学生証などの学籍番号がわかるもの
2.納付書や振込用紙などの申込金額がわかるもの

※学校から発行されていない場合は必要ありません。
※ご契約者さまの本人確認資料(運転免許証や保険証など)、年収を確認する資料(源泉徴収票や確定申告書など)は必要ありません。

引用元:オリコ(公式サイト)

ある程度前もって借入の予約をすることもできるので、直前ではなくできるだけ早めに申し込みだけでもしておくとスムーズです。

保証人は原則不要

オリコの学資サポートの場合、連帯保証人は原則不要です。

審査の結果必要になる場合もありますが、その場合もたとえば妻がパートでも働いていれば妻を連帯保証人にすることができます。

他の教育ローンでは保証人が必要な場合が多いので、保証人が原則不要なのはメリットです。

卒業時点の返済残高に応じて、卒業後の支払額を減額できる

卒業までにある程度返済して返済残高が減った場合、卒業後の支払額を減額できます。

申請は卒業月の前々月~卒業当月の20日までに行います。

一部繰上返済が手数料無料で利用可能

学費サポートでは、通常返済でもステップアップ返済でも手数料無料で「一部繰上返済」が可能です。

一部繰上返済は3万円以上からの対応になりますが、手数料無料なので余裕のある時に利用すると元金が減らせて利息総額を節約できます。

親子リレー返済が利用可能

在学中は親が、卒業後は子供が返済する「親子リレー返済」が利用可能です。

通常返済でもステップアップ返済でも利用できるので、家庭の状況に応じて選択してみてもいいでしょう。

学資サポートは他の教育ローンや奨学金と併用可能ですが、たとえば奨学金と学資サポート両方の支払いを卒業後子供が行うとなると月々の支払額が数万円と高額になります。

支払い途中での返済額の増額手続きが電話一本でできる

学費サポートでは、支払い途中で返済額を増額したくなったら、電話一本で変更手続きを完了できます。

余裕ができたら一気に支払い額を増やすこともできるので、返済期間を短縮できます。

通常返済では在学中から、ステップアップ返済では卒業後から返済額の増額手続きが可能です。

学費サポートプランのデメリット

オリコの学費サポートプランのデメリットを見ていきましょう。

学費サポートは他の教育ローンに比べて利用できる範囲が狭い

学費サポートの利用使途は、「入学金、授業料、教材費、実習費、留学費、寮費など学校へ支払う費用」となっています。

教材費、留学費、寮費などでも、学校以外の業者に支払う場合は利用できません。

また、交通費や生活費にも非対応となります。

他の教育ローンのは利用使途が幅広いので、状況に応じて選ぶか併用するといいでしょう。

融資はその都度申込が必要

学資サポートではお金が必要になるたびに申し込むことになります。

一度契約すると、次回からの申込で融資額が加算されていく方式です。

毎回申込をするのは手間ですが、毎回の申込でもとくに書類は必要ないため気軽ではあります。

学費サポートの金利は学校によって異なる

通常、教育ローンは金利が決まっていますが、オリコの学費サポートの場合は学校によって金利が異なるシステムです。

難関大学など一部の大学では金利が低めですが、多くの学校では他の教育ローンに比べて金利が若干高く設定されています。

オリコ学費サポートの公式サイトから学校検索をすると金利も表示されるので、利用を検討する際は必ず金利を確認しておくようにしましょう。

利息の計算方法がやや複雑。返済残高に応じて支払う利息が変わる

学費サポートの利息の計算方法はやや複雑です。

▼毎月の利息の計算式

  • 毎月の利息=元金(毎月の残高)×利率÷12

通常返済で100万円を金利3.5%で借りた場合、利息の変化は以下のようになります。

返済 支払額 返済残高
1回目 12,000円
(元金:9,084円/利息2,916円)
990,916円
2回目 12,000円
(元金:9,110円/利息2,890円)
981,806円
3回目 12,000円
(元金:9,137円/利息2,863円)
972,669円

1回目は返済残高が1,000,000円なので、1,000,000×3.5%÷12≒2,916で利息は2,916円になります。

2回目は返済残高が990,916円なので、990,916×3.5%÷12≒2,890で利息は2,890円です。

返済を続けていけば元金が減っていくので、返済額に占める利息の割合が減り、返済額に占める元金の割合が増えて元金が減りやすくなります。

ボーナス併用払いの使い勝手が悪い

学費サポートではボーナス併用払いが可能です。

ただし、契約途中でボーナス月を変更したり、ボーナス支払額を変更したりすることができないなど使い勝手が若干悪いのがデメリットです。

一度ボーナス併用払いを設定すると、返済が終わるまでボーナス月の支払いが続くので、あまり気軽に利用しない方がいいかもしれませんね。

通常返済からステップアップ返済への変更ができない

学費サポートでは、通常返済からステップアップ返済へ途中で変更することができません。

在学中からのまとまった返済が難しそうなら、ムリせずにステップアップ返済を選ぶのも選択肢としてはありでしょう。

日本学生支援機構の奨学金制度の紹介(まずはこちらが使えないかを確認する)

進学の際にまず検討したいのが、日本学生支援機構の奨学金制度です。

日本学生支援機構の奨学金制度は給付型と貸与型があります。

このうち貸与型には無利息の第1種と利息ありの第2種がありますが、利息ありでも金利は低く抑えられているのでオススメです。

まずは奨学金制度が利用できないかを確認しましょう。

ただし、奨学金制度では原則として連帯保証人と保証人の2人を立てなければならず、入金までの期間も1ヶ月程度かかるなどデメリットもあります。

また、年収が基準より多いと奨学金が受けられないため、世帯所得の多い会社員の方や自営業者は場合によっては奨学金が使えません。

オリコの学費サポートと日本学生支援機構の奨学金制度の違いは以下の通りです。

学費サポートプラン 日本学生機構の奨学金(貸与型)
申込者 保護者 学生本人
申込要件 年収基準や学力制限なし 世帯所得や学力等の基準あり
金利 やや高め 第1種は無利息
第2種は利息ありだが低金利
申込方法 Web(郵送も可) 学校が申込窓口
申込時期 いつでも可能
※学校の指定期間あり
4月
※在学採用の場合
審査期間・手続期間 申込から学校への入金まで最短5日 1ヶ月程度

クレジットカードとの関係性

オリコといえばクレジットカードで有名ですが、学費サポートはクレジットカードと関係があるのでしょうか。

このローンサービスとクレジットカードは無関係である

オリコの教育ローンはクレジットカードとは無関係です。

学費サポートは単体として独立している商品なので、クレジットカードとは何の関係もありません。

たとえばクレジットカードを作る際に学費サポートを付帯させる、といった連動性もありません。

クレジットカードのキャッシングともまったく別物なので、もちろん年収の3分の1までしか借入ができない法律「総量規制」の対象外となっています。

クレジットカードでキャッシングをする場合と金利を比べるとどちらがお得?

オリコの学費サポートで金利が3.5%前後、クレジットカードのキャッシングでは金利が15.0%~18.0%程度なので、金利の差は歴然です。

とくに大きな金額を借りるのであれば、キャッシングは利用せず、学費サポートなどの教育ローンを利用するのがお得ですよ。

その他のオリコカードの紹介(ゴールドカードなど)

オリコの「THE・POINT」シリーズの中で一般ランクに該当するのが「オリコカードザポイント」です。

オリコカードザポイントの上位カードとしてはまず「オリコカードザポイント プレミアムゴールド」があり、さらにその上に「オリコカードザプラチナ」があります。

また海外利用でお得にポイントが貯まる「オリコカードザワールド」というゴールドカードもあります。

オリコカードザポイント プレミアムゴールド

「オリコカードザポイント プレミアムゴールド」はオリコカードザポイントの上位カードにあたるゴールドカードです。

オリコカードザポイントにはなかった旅行傷害保険やショッピング保険付帯されていることが特徴となっています。

年会費はゴールドカードとしては格安の1,806(税別)円で、保有しやすいゴールドカードとしても注目の一枚です。

▼基本情報

項目 詳細
年会費 1,806円(税別)
国際ブランド MasterCard、JCB
入会資格 原則として年齢20歳以上 安定した収入がある方
付帯保険 海外旅行傷害保険:最高2,000万円(自動付帯)
国内旅行傷害保険:最高1,000万円(利用付帯)
ショッピングガード:最高100万円(利用付帯)
紛失・盗難保障
追加可能カード 家族カード、ETCカード(ともに年会費無料)
締め日・支払日 原則として月末締め・翌月27日払い
※27日が土日祝日の場合は翌営業日

オリコカードザプラチナ

オリコカードザプラチナはオリコがリリースしているクレジットカードの中で最高ランクに位置します。

プラチナ特典として「専用コンシェルジュ」「空港ラウンジ」「手荷物宅配」「レストラン1名無料」「各種優待サービス」などが付帯されています。

ポイント還元率はオリコカードザポイントと同様1.0%還元で、誕生月には2.0%還元にアップするなどポイントに関しても文句なしの1枚です。

▼基本情報

項目 詳細
年会費 18,519円(税別)
国際ブランド MasterCard
入会資格 原則として年齢20歳以上 安定した収入がある方
付帯保険 海外旅行傷害保険:最高1億円
国内旅行傷害保険:最高1億円
個人賠償責任保険
紛失・盗難保障
追加可能カード 家族カード、ETCカード
締め日・支払日 原則として月末締め・翌月27日払い
※27日が土日祝日の場合は翌営業日

オリコカードザワールド

オリコカードザワールドは海外利用でポイントが2.0%還元になるゴールドカードです。

同じゴールドカードであるオリコカードザポイント プレミアムゴールドより年会費は高くなるものの、「空港ラウンジ」「手荷物宅配」といったサービスが付帯します。

▼基本情報

項目 詳細
年会費 初年度無料
次年度以降9,075円(税別)
国際ブランド MasterCard
入会資格 原則として年齢20歳以上 安定した収入がある方
付帯保険 海外旅行傷害保険:最高5,000万円(自動付帯)
国内旅行傷害保険:最高5,000万円(利用付帯)
海外航空機遅延保険:最高10万円(自動付帯)
国内航空機遅延保険:最高10万円(利用付帯)
ショッピングガード:最高300万円(利用付帯)
紛失・盗難保障
追加可能カード 家族カード、ETCカード(ともに年会費無料)
締め日・支払日 原則として月末締め・翌月27日払い
※27日が土日祝日の場合は翌営業日

オリコカードの引き落とし日は毎月27日

オリコカードの引き落としに関する情報もきっちりと抑えておきましょう。

まず、オリコカードの引き落とし日は各種カードで絶対に確認しておくこと、これが鉄則です。

カードを所持したら、必ず引き落とし日を真っ先に確認しておきましょう。

原則として公表されている引き落とし日は毎月の27日です。
27日が土日祝の場合は翌営業日が引き落とし日となります。

土日祝をまたぐ場合、これは一つだけ注意をしておかなければなりません。

週明けの月曜日が27日の場合、金融機関が稼働する朝の9時までに入金しておかなければ返済額が引き落とされない可能性があります。

そのため、月曜日が27日の場合にオンラインから口座に入金するなら、金曜日の間に振込を完了しておきましょう。

ATMの場合は直接口座に入金できるので土日でも構いません。

引き落とし日をすぎると翌日から遅延行為

最後に引き落とし日の重要性について紹介しておきます。

引き落とし日を1日でもすぎると遅延行為です。

遅延行為となると遅延損害金を支払うことになります。

また、延滞期間が長くなると信用を失うことに繋がります。

毎月の引き落とし日というのは何よりも重要であり、確実に支払いをその日に済ませなければなりません。

オリコカードを手にしたら、しっかりと引き落とし日を確認しておくようにしましょう。

オリコカードを紛失・なくしたしたとき(止め方・一時停止法)

(!)焦ってこのページにたどり着いている方もいらっしゃるでしょう。まずは落ち着いてこの記事を読んで、冷静に1つずつ対処していきましょう。

クレジットカードを紛失した時、落としてしまったのか盗まれてしまったのか分からず、「不正使用されてしまうかも」と不安になりますよね。

しかし、「オリコカードをなくしてしまった!」となっても、まずは落ち着くことが重要です。

オリコカードを紛失した時に一体どういった対応を取ればよいのか、利用停止手段もあわせてご紹介します。

▼オリコカードをなくした時にやるべきことって?

1.本当にオリコカードを紛失したのか再チェック

オリコカードの紛失はさまざまなシチュエーションが想定されますが、最初にやるべきことは本当にオリコカードを紛失したのかどうかを確認することです。

財布にオリコカードを入れておいたのに財布が開いていて、実はカバンの中にオリコカードが転がっていたということもあります。

また、オリコカードを財布に入れたつもりが実は自宅の机の上にオリコカードがあるというケースも考えられるでしょう。

そのため、本当にオリコカードを紛失したのかどうか、しっかりと確認することをオススメします。

外出時に失くした場合は、立ち寄った店へ落とし物として届いていないか確認しておきましょう!場合によっては簡単に見つかる事もあります

2.警察へ遺失届&落とし物届けのチェック

どれだけオリコカードを探しても見つからない場合は「紛失」した可能性が高いでしょう。

場合によっては心優しい人が落とし物として、オリコカードを警察へ届け出てくれている可能性があります。

事前にオリコカードを紛失したエリア内で最寄りの警察署へ確認しておきましょう。

しかし、拾った人がそのまま警察署へ届けてくれるとは限りません。

オリコカードを紛失してから数日後に警察署へ届けられるケースもあります。

そのため、オリコカードを紛失したら早い段階で警察へ「遺失届か盗難届」を出しておき、警察からの朗報を待ちましょう。

警察へ連絡先として携帯電話を伝えておくと、警察からの連絡を素早く受け取ることが出来るためオススメです。

3.eオリコサービスで利用状況の確認

警察へ連絡をしたら「eオリコサービス」へログインしましょう。

eオリコサービスにはIDとパスワードがあればログイン出来るため、オリコカードを紛失していてもログインすることが出来ます。

eオリコサービスへログインすることが出来たら、カードの利用状況を確認するのがポイントです。

リアルタイムで利用状況を確認することが出来るため、不正使用されているかどうかの判断材料として使うことが出来ます。

>>利用状況の確認方法はこちらをご参考ください。

ログインに必要なパスワードがわからない場合は、登録したメールアドレスからパスワードを再設定することが出来ます。メールアドレスだけは忘れないよう気をつけましょう。

4.コールセンターへ連絡

eオリコサービスでカードの利用状況を調べたら、次にコールセンターへ連絡をしましょう。

不正使用されていたかどうかに関わらず、必ずコールセンターへ連絡を入れる必要があります。

オリコカードを紛失したという情報を一刻も早くオリコカードへ報告しておきましょう。

「今は不正使用されていない」としても、後々不正使用される可能性もあるため、「オリコカードの利用停止」措置をとってもらう事が重要です。

▼紛失・盗難時の連絡先

  • 携帯電話以外:0120-828-013(24時間年中無休)
  • 携帯電話(HSを除く):0570-080-848(有料、24時間年中無休)
  • 海外での紛失・盗難:81(国コード)-11-700-2952(24時間年中無休)

出典:オリコカード(公式サイト)

オリコカードの利用停止および再発行の手続きには、カードの番号暗証番号氏名住所などの個人情報が必要になります。

コールセンターへ連絡した後、現在のオリコカードは利用できなくなります。その直後にカードが手元に戻ってきたとしても、カードの停止を取りやめることは出来ないためご注意ください。

オリコカードの暗証番号は工夫しておこう

誕生年月日など、連想しやすい暗証番号に設定するのは避けましょう。

オリコカードを店頭でショッピング利用したり、キャッシングを試みるときには暗証番号が必要になっているため、何も知らない人が不正使用しにくい工夫がされています。

しかし、誕生日など個人情報から安易に想像できる暗証番号に設定している方も多いのではないでしょうか?

オリコカードを紛失する時に身分証明書も一緒に紛失しまうケースも多いと言われています。

たとえば財布に運転免許証とオリコカードを入れている場合、財布を紛失してしまえばオリコカードとともに自身の個人情報も流出してしまいますよね。

もしオリコカードの暗証番号を生年月日にしていた場合、運転免許証を元に簡単に突破されてしまう恐れがあります。

何よりもオリコカードを紛失しないことが大事

何よりも重要なのはオリコカードを紛失しないことでしょう。

オリコカードを紛失するシチュエーションは色々とありますが、ETC車載器に入れたままにして車上スリに遭ったり、カバンを盗まれて財布ごと紛失してしまったり、不注意から紛失につながる事も事実です。

オリコカードを紛失しないよう、常日頃から管理の徹底を心掛ける必要があります。

被害はネット上にもある

オリコカードを不正使用されるのはカードケースや財布を落とした場合だけではありません。

最近はネットショッピングが主流となっていることで、ネット上の被害も多発しています。

たとえオリコカードが手元にあったとしても、知らず知らずのうちに「カード番号」「カードセキュリティ番号」「暗証番号」を盗み出されてしまうかもしれません。

気づかないうちに不正使用され、盗難紛失補償の範囲外になってしまう恐れも……。

ネット上で考えられる3つのケースから、オリコカードを守る手段を覚えておいてください。

パソコンのセキュリティは大丈夫か?

ネットショッピングをする際にパソコンを使う方も多いでしょう。

この場合、もっとも重要なのはパソコンのセキュリティです。

外部からのウイルス攻撃には注意する必要があり、ウイルスに感染してしまえばパソコン内のデータが流出してしまう恐れがあります。

必ずウイルス対策として、アンチウイルスソフトウェアなどの導入や怪しいサイトのリンクを踏まないよう気をつけましょう。

メールの配信からパスワードを盗まれるケースもある

昨今では、「不正使用された恐れがあります。暗証番号を変更して下さい」として怪しいリンクを踏ませる詐欺行為が横行しています。

万が一クリックしてしまうと偽物のサイトへ飛ばされ、そこから暗証番号やカード番号を盗み出されてしまう恐れがあるのです。

このようなメールでは大抵何処かの企業を騙っています。

「オリコカードが不正使用された~」という文面があれば、自身でオリコカードのサイトを検索してたどり着く事が重要です。

本家を巧妙に真似た偽物のメールも存在するため、「このメールは本家のものだろう」と容易にリンクをクリックせず、自身で正しいサイトまで足を運びましょう。

オリコカードの公式サイトをお気に入り登録して、そこから毎回開くようにすれば詐欺メールに騙される確率を減らすことが出来ます。

公式サイトとそっくりなページへ誘導されることも

本物の公式サイトと見分けがつかないほどクオリティの高い偽サイトへ誘導され、そこからパスワードを盗まれるというトラブルがあります。

度々ニュースとしても取り上げられるなど、昨今で流行している手口の1つです。

オリコカードの場合でも、こうしたトラブルに巻き込まれる可能性は十分にあり得えるでしょう。

そのため、「URLから確認する」「リンクはクリックせず自分で検索する」などトラブル回避の意識を強く持っておくことが重要です。

問合わせ先

オリコのクレジットカードに関する「よくある質問」はこちらで検索できます。

オリコのクレジットカードに関する「全般の問い合わせ」についてはこちらで各地域の電話窓口を検索できます。

緊急の際の問合わせ先一覧

オリコのクレジットカードを紛失したら以下の問い合わせ先に連絡してください。

カードの利用停止から再発行まで必要な措置をとってもらえます。

国内の紛失盗難(携帯電話以外から) 0120-828-013
国内の紛失盗難(携帯電話から) 0570-080-848
海外からの問い合わせ 81-11-700-2952
目次
閉じる